4月8日は2020年最大の満月!地球を明るく照らすスーパームーンを家から眺めよう!

4月7日深夜〜8日にかけて見られる満月は、なんと2020年の中で最大となる『スーパームーン』となっています!

天気は全国各地で晴れるところが多く、美しく大きな満月を見られる絶好のチャンスですよ!

月の大きさは地球との距離によって変化

月の大きさは常に一定というわけではありません。月と地球との距離によって変わり、最も近づくタイミングで満月となった場合に「スーパームーン」と呼ばれます。

国立天文台によると、月は4月8日の3時9分に近地点(公転の間で月が地球に最も近づく点)を通過し、11時35分にちょうど満月になるそうです。満月の瞬間の地心距離(地球の中心と月の中心の間の距離)は、約35万7,000kmなんだとか。

満月の瞬間となる11時35分だと日本では月が昇っていないので、日本で見頃となるのは、4月7日深夜〜8日にかけての時間帯ということになります。


出典:国立天文台

ちなみに2020年の最も遠い満月は、10月31日(土)です。その日の満月と比べると、今回見られる満月の大きさが分かりますよね。

なぜ月と地球の距離は変わるの?

月は地球の周りを公転しています。月の軌道は楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。

また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けて変化します。そのため、近地点や遠地点(地球から最も遠ざかる点)での距離は毎回違うのです。


出典:nao.ac.jp

スーパームーンを眺めるのに最適な天気

今夜は全国的に広範囲で晴れ予報。スーパームーンを見る上では最適な天気であり絶好のチャンスと言えますね。

そしてまた、外出自粛で多くの方が家にいらっしゃるかと思います。家のベランダなどから夜空を見上げ、今年最大の満月を眺めるのも一興ではないでしょうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:国立天文台 / Twitter(@wni_jp)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事