自粛中だからこそ生まれた天才的アイディア!カーペットを入念に掃除していると思いきや・・・

新型コロナウイルスによる外出自粛で家の中にいる時間が多くなると、どうして時間をもて余してしまう方が多いと思います。

ある一人の男性がそんな退屈な時間を利用して、天才的な作品を創造。それがナイスアイディアだと話題になっているのでご紹介します!

カーペットを掃除しているのかと思いきや・・・

こちらは、アンドリュー・ピータージョイスさん。カーペットに掃除機をかけているうちに、とある事を思いついたようです。


出典:YouTube

何往復もしながらカーペットに掃除機を入念にかけていきます。ここまでは普通に掃除をしているようにしか見えませんね。


出典:YouTube

するとその後、カーペットに丸を描きました。映像をよく見ると、目の前にジョン・レノンの肖像画を貼り付けています。


出典:YouTube

ひょっとしてサングラスの部分を描いているのでしょうか!?

そしてワイパーのヘッド部分のような物を手に持って、サクサクとジョン・レノンを描き上げていきました。


出典:YouTube

特徴をとらえていて凄く似ていますね!

仕上げは掃除機で

完成に近づくと、こめかみのあたりに再び掃除機をかけていきました。まさにカーペットアートですね!


出典:YouTube

アンドリューさんは、こんな感じで他にもエルヴィス・プレスリーやモナリザ、チャールズ・チャップリンなどの肖像画もカーペットに描いているようです。

ちなみに奥さんは医療関係者だそうで、日々病院に勤務されているようですが、帰宅した時にこのカーペットに描かれた絵を見て、とても驚いていたのだとか。そりゃそうですよね(笑)

動画はこちら

「家を掃除しながら、退屈な時間を有意義に使う」と話しているアンドリューさん。家にいる時間が長いからこそ生まれたアートですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Bored Dad Creates Iconic Portraits Using Carpet)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事