桜の花びらが敷き詰められた奈良公園の動画に反響「桃源郷って本当にあるんですね」

新型コロナウイルスの影響による外出自粛が続く毎日。今年は、例年のように春の桜を満喫できなかったと思います。

ただ、その場所へ行くことができなくても、動画などで臨場感を堪能することはできます。Twitterでは、桜の花びらが敷き詰められた奈良公園の動画が多くの反響を呼んでいました。

穏やかな時間が流れる

奈良公園といえば、多くの人が鹿を連想すると思います。フォトグラファーのキキフォトワークス(@KikiPhotoWorks)さんが撮影した動画には、そんな鹿と美しい桜が共生した素敵な世界が広がっています。

絨毯のように敷き詰められた桜の世界で、多くの鹿がくつろいでいます。とても穏やかな時間が流れていることが伝わってきます。

途中、鹿が近寄ってくるシーンも。

可愛らしいことはもちろん、鹿がとても幸せそうで見ているだけで嬉しい気持ちになりますよね。

▼ 動画はこちら

まるでこの場所に自分がいるかのような気持ちになりますし、桜の美しさと奈良公園の魅力が存分に伝わってくる動画だと思います。

夢の世界

この動画に奈良公園の桜の美しさを「夢の世界」と表現する方や、「来年こそは行きます」といった声がツイートに寄せられていました。

・桃源郷って本当にあるんですね。 
 
・いいですね!今年の奈良は鹿さんものんびりですね。来年は見に行きます! 
 
・夢のような世界ってこういう風景でしょうか?今度はこの季節に行きたいです。 
 
・なんかジブリの世界・・・。

3密を回避した上での撮影

今回ご紹介した動画は、結婚式の前撮りを撮影される新郎新婦さん(和装でのロケーション撮影)を同地へ案内した際に撮影されたそうです。

撮影された日は緊急事態宣言が発表された翌日の4月8日だったそうですが、「屋外の2人だけでの撮影」であることや「新郎新婦さんが奈良県内在住で、自宅から奈良公園まで2人だけで自家用車で来られる」ことなど、3密を避けられることを踏まえた上での撮影決行だったそうです。

※また、今後の結婚に向けたスケジュールの関係上、延期は困難という理由もあり。

そして、この日が桜での前撮りと撮影場所が最後だったそうで、次の日からキキフォトワークスさんは休業要請にしたがって休業に入ったようです。今回の撮影に対して、「神様から最後にプレゼントされたような気分でした」と語っています。

今年は桜を満喫することができず、悲しい思いをされた方がたくさんいらっしゃるかと思います。一刻も早く事態が終息し、来年は再び桜を堪能できるようになればいいですね。

ちなみに、キキフォトワークスさんの撮影された写真はInstagramでもご覧いただけます。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

キキフォトワークスさんのInstagramアカウントはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@KikiPhotoWorks)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事