iPad用キーボードのパッケージ裏面が、母親に助けを求めてるようにしか見えない(笑)

何かが一度ほかの別のモノに見えてしまうと、もうそれにしか見えなくなってしまうということありますよね。

Twitterユーザーのちき(@shion_chicky)さんは、iPad用のキーボード「Magic Keyboard」のパッケージ裏面のデザインが、母親に助けを求めてるようにしか見えなくなってしまったようです。

お母さん助けて~!

母親に助けを求めてるようなデザインって気になりますよね。それがこちらです。

本当ですね!パッケージ裏面を逆さにすると、iPadとMagic Keyboardのシルエットが「ママー」というカタカナの文字に見えます。しかも絶妙に悲哀感が漂う書体で、子どもが母親に助けを求めている感じがヒシヒシと伝わってきますね。

実際、こちらの投稿を見た人からは『ドラえもん』でスネ夫が「ママー」と泣き叫ぶシーンを思い浮かべる声が多数。筆者も脳内でスネ夫の声が聞こえました(笑)また、クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』の冒頭の歌詞や、パスタの名前を思い出す人も。どのママーもApple製品のイメージとのギャップが面白いですよね。

この記事を読まれた方でこれからMagic Keyboardを購入される方は、実際に商品のパッケージ裏面を見た時にきっともう「ママー」という文字にしか見えなくなっているかもしれません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@shion_chicky)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事