少年漫画に出てきそう(笑) ジャンボチキンカツで作った最強のカツサンドが話題に

トンカツやチキンカツをパンで挟んだ「カツサンド」といえば、片手で食べられるサイズ感をイメージしますよね。

Twitterユーザーのもぐちゃん(@saori207)さんは、そんな概念を覆す"最強のカツサンド"を誕生させてしまいました!

こんなカツサンド見たことない!

もぐちゃんさんがTwitterに投稿した手作りカツサンドの写真がこちらです。

ドーン!!

ドドーン!!!

カツをパンでサンドではなく、巨大なカツでとてつもない量の白米をサンドした斬新かつド迫力のカツサンド。周りの大皿やお椀と比較すると、その大きさがよく分かりますよね。存在感といい、重量感といい、まさに最強という言葉がぴったり。

この「普通のカツサンドなんかと一緒にしてくれるな!」と言わんばかりの破天荒さと、やんちゃっぷりが溢れる最強カツサンド。少年漫画の主人公が食べている姿が目に浮かんだのは筆者だけでしょうか。漫画飯のようでワクワクしてしまいます(笑)

気になるその作り方ですが、メガドンキに売っているジャンボチキンカツを使って白米5合をサンドしているそうです。

また、「普通のカツサンドのように手に持って食べたら顎と腕がヤられてしまうんじゃ!?」と心配しましたが、実際は箸で分解して食べたそうです。

もぐちゃんさんが生んだ最強カツサンド。我こそは!と完食に自信のある方は、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@saori207)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事