イタリアのブドウ畑で、紀元3世紀頃のものと思われる床タイルが発掘される!

日本でも遥か昔の物が土の中から発掘されるケースがあり、その度にロマンを感じますよね。

そして今回イタリアで発掘されたのは、紀元3世紀頃のものと思われる床タイル。そのデザインの美しさや保存状態の良さが話題になっています!

古代ローマ人の邸宅か?

発掘された場所はイタリアのヴェネト州ヴェローナにある、ネグラール・ディ・ヴァルポリチェッラという街のブドウ畑。地下数メートルの位置から発掘されたようです。

この街の自治体のFacebookページが、現地の写真を公開しています。


出典:Facebook


出典:Facebook


出典:Facebook

考古学者たちによると、この床タイルは古代ローマ人の邸宅の一部ではないか?とされているそうです。

そしてさらに驚かされるのが、その保存状態の良さですよね。今でも使えてしまうのではないかというぐらい良好な状態で、とても紀元3世紀頃のものとは思えません。

また、発想力の豊かさと色彩のセンスを感じるこのデザイン。当時の人が造ったものだと考えると感慨深いですよね。

今後の研究の行方

今回見つかった貴重な床タイルの研究を進めることで、紀元3世紀頃の暮らしに関して新たな事実をつかめるかもしれません。

今後研究を推進し、この床タイルを価値あるものとしていくためには、自治体および考古学者、そしてこの土地の所有者らとの話し合いが必要になるといいます。

これまで解き明かされていなかったことが分かると思うとワクワクしますよね。今後の研究結果に期待したいと思います!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@ComunediNegrar)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事