JA全農が伝授!あることをして焼くだけで、鶏もも肉が皮パリッパリ&身はぷりっぷりに

家庭料理の定番食材とも言える「鶏もも肉」ですが、出番が多いが故にレシピがマンネリ化しがちですよね。

そんな時は、JA全農(@zennoh_food)が紹介する皮パリッパリ&身はぷりっぷりの美味しいグリルチキンを焼いてみてはいかがでしょうか?

鶏もも肉がご馳走料理に変身!

”焼くだけ”のようで意外と難しいグリルチキン。皮をパリッとさせようとすると身がパサパサになってしまったり、またその逆も然り。

しかしJA全農によると、あるひと手間を加えることで皮がパリッパリで身はぷりっぷりになるそうです。その方法というのがこちら。

鶏肉の重さの1%の塩をまぶし、キッチンペーパーで包み2晩冷蔵。

それを焼くとこの通り!

皮のパリッパリ感が伝わってきますよね。

お皿に盛りつけられた写真を見ると肉汁が溜まっているのが分かります。

身のジューシーさに期待が高まりますね。

さて、断面はというと・・・

身がぷりっぷり!こんなにも皮がパリッと焼けると身のパサつきを心配してしまいますが、むしろ溢れる肉汁でツヤツヤ輝いています。

塩をまぶして2晩冷蔵することにどんな効果があるのか詳しくは分かりませんが、焼いただけの鶏もも肉がレストランクオリティのご馳走料理に変身するということだけは分かりました。

しかも、2日前から下準備さえしておけば当日サッと作れちゃうなんて超お手軽!鶏もも肉のレシピがマンネリ化したり、美味しい食べ方を探求されている方はぜひ試してみて下さいね。

また、FUNDOではこの他にもJA全農が紹介し話題になったレシピや料理のコツなどを紹介しています。併せてこちらもご覧ください。

大人の牛乳消費にJA全農が紹介!牛乳とウイスキーで作るカクテル「カウボーイ」をぜひ!

もっと早く知りたかった!「ふわふわ卵スープのコツ」をJA全農が伝授!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@zennoh_food)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事