これは見逃せない!三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」が本日(8月12日)22時頃に極大に!

毎年この時期に見られる「ペルセウス座流星群」が、本日(8月12日)22時頃に極大を迎えます!

「去年見られなかった」という方や「流星を観ながら願い事をしたい」という方は見逃せません!

本日22時頃に極大を迎える!

今年のペルセウス座流星群の活動は、本日22時頃に極大を迎えると予想されています。

ただ、今年は流星群を観察しやすい時間帯のほとんどに月明かりがあるため、見える流星の数は条件の良い年と比べて少ないとされています。それでも、月がそれほど明るくないため、そこそこの数の流星を見ることができるそうです。

流星は、放射点を中心に放射状に出現。放射点の方向だけに現れるのではなく空全体に現れます。


出典:nao.ac.jp

毎年11日夜~13日夜に多くの流星が出現!

今年、多くの流星を見ることができるのは11日夜~13日夜までの3夜(毎年11~13日に多くの流星が見られると予想されています)で、中でも12日の夜に最も多くの流星が出現すると予想されています。

流星が出現するようになるのは、いずれの夜も21時頃から。その後、夜半を過ぎて薄明に近づくにつれて流星の数が多くなる見込みで、空の暗い場所で観察すると見られる流星の数は最大で1時間あたり30個程度と予想されています。

今夜の天気はいかに!?

今夜は、九州から東北の日本海側を中心に雲が広がると予想されています。太平洋側、また北海道では流星を見られる所がありそうです。しかし、関東地方は大気の状態が不安定で雲が多いのが気がかりなところです。

また、全国的に夜になっても気温が高いので、マスク着用やソーシャルディスタンスをとるコロナ対策に加え、水分を補給するなど熱中症対策にも配慮した行動が求められます。

今夜ピークを迎えるペルセウス座流星群を、ぜひお見逃しなく!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:nao.ac.jp

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事