中学生長男の部屋から壁を打つような大きな音が!荒れているのか、反抗期かと心配したら・・・

ぬいぐるみデザイナーのせこなお(@sekonao)さんは、中学生の息子さん(長男)が頻繁に自室で壁を打つような大きな音を出すようになり、気になってどうしたのか聞いてみるも「なんでもない」と答える息子さん。

壁を殴っているのか、荒れているのか、反抗期か・・・?

そう心配したせこなおさんでしたが、息子さんが出す音の正体はまさかのアレでした(笑)

息子は荒れているのか?反抗期なのか?

せこなおさんがTwitterに投稿したエピソードがこちらです。

壁を打つような大きな音の正体は、なんと倒立の練習をする音でした(笑)

中学生といったら思春期の真っ只中。反抗期に突入した男の子が壁を殴って穴を開けるというのは定番のような話ですし、まさか倒立の練習をしているとは思いませんよね。

親の立場からすると「それなら最初からそう答えてよ~!」と思うところ。しかし、「別に」だとか「なんでもない」なんて答えが返ってくるのがまた思春期あるあるなんですよね(笑)

その後は居間でも練習するように

せこなおさんによると、息子さんは見られたことに気づいたそうで、そこでせこなおさんが「何やってるの?」と聞いたところ観念して倒立の練習だと答えてくれたそうです。また、その際に「壁に穴開けないでね」とだけ言って部屋の戸を閉めたというせこなおさん。

息子さんの反応は”内緒にしてたのがバレた”という感じでもないそうですが、その後は居間でも練習するようになったとのことです。思春期らしい言動で反抗期といった言葉を一瞬チラつかせた息子さんでしたが、まだまだ素直なことが分かるほっこりエピソードでしたね。

投稿を見た人は「良かった!」「かわいい」

せこなおさんの投稿を見た人からはこんな声が寄せられています。

筆者も自分自身が反抗期を経験していますし、今は年齢的に親の立場ということで、せこなおさんの息子さんがまだ反抗期じゃなかったことを自分事のように喜んでしまいました。せこなおさんも一先ず安心ですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@sekonao)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事