書いた方の心境がうかがえる・・・ペンの試し書きコーナーで目撃した「3文字の漢字」の内容が切実すぎる!

ペンの売場には、試し書きできる箇所がありますよね。誰かが書いた試し書きが目に入ることは多いと思いますが、このような切実な内容はなかなか目にする機会はないのではないでしょうか!?

どんな気持ちだったのだろう・・・

投稿されたのは、Twitterユーザーの@marinoKVPさん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。

なんと!ペンで書かれていたのは「一身上」という文字。試し書きをする時に、例えば「あいうえお」などと書いたりすることはあっても、なかなか「一身上」とは書きませんよね・・・。

@marinoKVPさんが指摘されているように、退職願を書くためのペンを探していた可能性があるかもしれません。もしそうであれば、色々な思いを抱きながらこの文字を書いていたのですね。

青ぺンはふざけ過ぎと思っていたのか?

この投稿に対しては、「なぜか笑ってしまった」という声のほか、「青ぺンはふざけ過ぎだろうとでも思ったのだろうか」という声が寄せられていました。確かに、青ペンで一度書いたものに線を引いていますよね。

リプライでも指摘されていますが、確かに「一身上」と書く場合は、「一身上の都合」以外に見たことがないかもしれません。そう考えると、これを書いた方の切実な気持ちが伝わってきますよね。

そして、最初は試し書きのつもりだったのが、黒のペンで書き直す際に本気になってきている感じがしますよね。筆跡の力強いことから伝わってきます。

「一身上」の文字の後に、誰かが続きを書いてくれるかもしれませんね!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@marinoKVP)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事