秒に関する豆知識

生活に非常に根付いた「秒」、意外と知られていないことや勘違いしていることもあるようなので豆知識としてご紹介します。

「秒」という漢字

まずは秒という漢字についての豆知識です。
もともと秒という漢字は、小麦や稲などの穂先を持つ堅い毛すなわち芒(のぎ)のことを指していました。

そこから「わずかなもの」「微細なもの」という意味で用いられるようになりました。
この用いられ方が更に転用されて「秒」は時間の概念にも地理られるようになりました。

「sec」や「sec.」と略すのは間違い!

他にも秒という言葉は略語で間違われることもあるため、そちらも確認しておきましょう。

secondは「sec」や「sec.」と略して表記することがありますが、これは間違いです。
略して書く際は、「s」と表記するのが正しいです。

「sec」や「sec.」という表記は国際単位系でも日本の計量法でも認められていないため、厳密には間違いとなるわけです。
秒の単位記号は小文字「s」を原則使うとされています。

まとめ

英語のsecondは「2番目の」という意味だけではありません。
「秒」という意味でも用いられています。

これは、古代ギリシアが関係しています。
時間の概念が生まれたのが最小の意味を持つ「minute」の後に生まれたため、「2番目に小さいもの」という意味で「second=秒」となったとされています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事