まさかの結末にゾッとする..会社内での「鬱になる席」の真相が凄い

近年、「パワハラ」「モラハラ」「残業・過労死」など労働環境に関する問題が社会的トピックになっています。
今回はTwitterで話題になっているとある会社での「鬱になる席」にまつわる投稿をご紹介。

まさかの結末にゾッとする展開を最後までお楽しみ下さい。

「鬱になる席」

今回ご紹介するTweetを投稿したのはSCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さん。

SCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さんが働いていた会社で次々と人が「鬱になる」と辞めていくとある席...。
特定の席で働く人の退職率、それも鬱が理由となると何かイヤな雰囲気を感じざるをえません。

そしてなんとSCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さんがその席に座ると、なんと本当に罵倒する声が聞こえてしまったというのです。

一体どういうことなのでしょうか....。

空調の先にあったのは...

席の真上にある空調が原因で他の階の怒鳴り声や罵声が鳴り響ていると考えたSCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さん。

退職者が相次ぐ事態はまずいので可能であれば解決しようと考えたのでしょうか?
できる範囲で原因となっている怒鳴り声・罵声を確かめようとすると....

その先にあった展開にゾッとする

通常であればだれも居ないはずのボイラー室。
換気扇の音が大音量で鳴り響く中にSCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さんが見つけたのは....

ビル清掃のおじいさんだったのです。
日頃のストレスを発散する為に音がかき消されるボイラー室で罵声を吐いていたのでしょうか?

「言霊」とはよく言いますがその声が流れに流れてたくさんの人を鬱に陥れていたとすると、人間の怖さにゾッとしてしまう展開です。

最後に、この話は....

実はこの話、投稿者であるSCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さんによる創作・フィクションだったのです。
ある意味、フィクションで安心しました...。

SCP財団職員イザヤ(バレンタイン)さんはTwitterで怖い話やゾッとする話を創作して投稿されていますので、怖い話好きの方は是非アカウントをチェックしてみて下さいね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事