“3分間の生き返り”をテーマにした漫画『インスタントライフ』に感動の声が多数「涙腺が崩壊しました」

もうこの世にはいないけれども、今でも会いたい人、会いたい犬、会いたい猫・・・。二度と会えないとわかってはいるものの、10分でも1分でも会えるのなら、話したり触れ合ったりしてみたいものですよね。

今回ご紹介するのは、4月9日(金)に第1巻が発売される漫画「インスタントライフ」の第1話。死体の一部にお湯をかけると、カップラーメンのように3分間だけ生き返らせることができる・・・という能力に基づいたストーリーなのですが、その内容に対して多くの感動の声が寄せられています!

3分間だけでも会いたい

同作品を描いているのは、漫画家の江戸川治(@edoosam)さん。ご自身のツイッターに1巻の内容を公開されています。

いかがでしょうか!?最初から最後まで、思わず時間を忘れてのめり込んでしまいますよね。生き返らせることができるとはいえ、時間が限られているということによって、母親やたかしくん、クッキーそれぞれの気持ちが凝縮され、様々なドラマを生み出していますよね。

3分間生き返らせるため、かかる費用は10万円。10万円を払ってまでも「会いたい」と願う気持ちがあることは間違いないですが、この設定が、「命」「時間」「お金」というものを改めて考えるきっかけにもなりますね。

涙腺が崩壊しました

第1話を読んだ方々からは、「最後の最後まで良き関係をみて、涙腺崩壊しました」という声や、「うちのゴールデン思い出しました。今いる子達も大事にしないと」と自身のペットに対する想いを新たにする方など、多くの反響が寄せられていました。

ワンコは友達であり、良き理解者であるといった意見も見られますが、たかしくんの心のよりどころであり、かけがえのない存在であることがわかりますよね。

4月9日に1巻が発売

SNS上で既に多くの反響が寄せられていた「インスタントライフ」。待望の1巻が4月9日に発売されます。1話を読んで、もっと読みたくなったという方は、ぜひ1巻を購入して「インスタントライフ」の世界を堪能してみてください!

インスタントライフ 1巻 – 新潮社オフィシャルサイト



因みに・・・
こちらの作品「インスタントライフ」は、現在アニメ化・ドラマ化で話題の「極主夫道」と同じネットマンガサイトのくらげバンチにて連載中です!そして、どちらもTwitterで話題となった漫画で、どちらも大バズりしていますが、インスタントライフ」は「極主夫道」を超えるPVを記録するほど大人気の作品で、今後の展開が気になるところですね!

江戸川先生の作品は、FUNDOでも何度も紹介しています。死を取り扱った感動的な作品が多いので気になる方は過去記事もぜひご覧ください。

【Twitter名作漫画】「母さんオレオレ」詐欺師とおばさんの騙し合いかと思いきや予想外の展開にグッとくる素敵作品!

最後の一コマに涙腺崩壊!亡くなった息子と両親を描いた漫画『息子は囁く』にめちゃくちゃ感動

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@edoosam)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事