深夜の突然の破水

初めての妊娠・出産でドキドキしていましたが、つわりも軽く経過は順調。あとは出産予定日を待つだけ……と思っていたのに、まさかの1カ月以上も早い出産となりました。出産は何が起こるかわからない、ということを身をもって知りました。その経験をお伝えしたいと思います。

前期破水〜尿もれ? 破水? 悩んだ1時間

正期産の時期まであと少しと迫った、妊娠35週1日の夜中1時。トイレに行こうと目を覚まし、立ち上がって歩くとなんとなく下着に違和感が……。トイレにきたものの尿意はないので、違和感の正体を確かめるべく立ったり座ったりしてみると、自分の意思とは関係なく無臭の水が出てきました。

これは何なんだ? 尿もれなのか?と悩んで、立ったり座ったりを10分おきくらいに繰り返してみました。やはり意思とは関係のない水で、それが破水かもと気づくまでに1時間ほどかかりました。ようやく携帯で「妊婦 破水」と検索、「前期破水」という記事を見つけ、ようやく産婦人科に電話するに至りました。

搬送から出産まで

電話口の助産師さんにはとても落ち着いたトーンで「破水かもしれないからきてください」と言われました。寝ている夫を起こし、とりあえず母子健康手帳だけ持って病院へ。

結果、破水しており、そのまま出産することに……しかし週数がまだ早いことから私が通院していた産婦人科では出産できず、MFICU(母体・胎児集中治療室)がある大きな病院に救急搬送されることになりました。

病院に着いたのは朝4時、破水から6時間、そこからじわりじわりと痛みがやってきて、なんとなくの痛みが未体験の激痛に変わり、陣痛と戦い抜いた挙句、回旋異常のため昼の3時に緊急帝王切開で出産。破水から14時間後のことでした。

退院するまでの搾乳の日々

赤ちゃんはすぐにNICU(新生児集中治療管理室)へ、フラフラだった私もMFICUに入ることに。翌日、車椅子で赤ちゃんに会いに行きました。糸かと思うくらい細い管で点滴を受けている小さなわが子と、お互い本当によく頑張ったよね、と無言で称え合いました。

それから赤ちゃんの退院まで、私の仕事は母乳を搾って届けること! 昼夜関係なく3時間おきにガチガチに張るおっぱいを搾乳して母乳パックに詰め、保冷バッグと保冷剤で保護してNICUに持っていきました。

産後の体で電車やバスに乗るのは大変でしたが、病院に行くたびに赤ちゃんを抱っこしたり、おむつを替えたり、直に授乳をしたり、看護師さんに丁寧に教わりながらお世話できる時間は、とてもありがたかったです。

 

早産ならではの小さなハプニング

早産という形であれなんとか出産し、2週間で退院できたのですが、予想していなかった小さなハプニングが……。早すぎかなと思いながら出産予定日の2カ月前にはいろいろ準備していましたが、元々の出産予定日は秋だったため、衣類はすべて長袖の秋物。ところが実際出産したのはまだまだ夏真っ盛りで、とにかく暑かったのを覚えています。

そのなかでも失敗したのは、退院時の服装として選んでいたタイツでした。妊娠中も足のむくみがひどかったので愛用していた着圧タイツ。いつものようにタイツありきの服装で用意していたのですが、帝王切開で切った傷の上にタイツのゴムが当たってとにかく痛くて痛くて……。しかし服装的に脱ぐわけにもいかず、ひたすら後悔でした。

妊娠中はとにかく順調だった私でしたが、急に破水し早産になりました。そんなことになるとは、予想さえしておらず。今となってはいい思い出ですが、何が起きるかわからないという日頃の心構えが何より大切だなと痛感しました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

イラスト/マメ美

監修/助産師REIKO


著者:松本美波

一男の母。第二子妊娠中。前職は幼稚園教諭。教諭時代の経験(特別支援含む)と、妊娠・出産の経験を元に記事を執筆している。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事