LINE MUSIC株式会社は、当社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」において開催された「LINE MUSIC学割Twitterキャンペーン」において、ユーザーから集まった人気の青春ソングの4つのランキングを発表、人気楽曲を集めたプレイリストを公開したことをお知らせいたします。

情報提供元:PR Times

青春ソング2021

「LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず7,600万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる国内最大級の音楽ストリーミングサービスです。中学生から加入が可能な「プレミアムプラン(学割)」※が好評で、多くの学生から支持されています。

今回行われた「LINE MUSIC学割Twitterキャンペーン」※では、2021年3月15日~4月19日の期間中において、『第1弾#初めての推し曲』『第2弾#初恋のときに聞いてた曲』『第3弾#青春といえばこの曲』『第4弾#部活の応援ソング』4つのお題に合わせたユーザーおすすめの楽曲を投稿することで、人気の楽曲をプレイリスト化、さらに抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを実施しました。

https://music.line.me/lp/cp/gakuwari2021.html

今回、「青春ソング2021」として圧倒的な支持を集めたのはGReeeeN。ドラマの主題歌にもなった「キセキ」は、『第1弾#初めての推し曲』と『第3弾#青春といえばこの曲』『第4弾#部活の応援ソング』で3冠を獲得。また、「愛唄」は、『第2弾#初恋のときに聞いてた曲』と『第3弾#青春といえばこの曲』にもランクイン。ドラマの主題歌や映画にもなった世代を超える名曲が青春ソングとして多くの人に親しまれました。さらに、「オレンジ」「雪の音」「ハローカゲロウ」「遥か」など人気の楽曲もTOP10入りはしなかったものの、複数の投票が寄せられました。Twitterでは「高校時代の集大成!」「中学生の時の青春が詰まりすぎてる曲」「聞くだけでいろんな思い出が蘇る」「青春そのものの歌詞で、聞くだけで元気をもらえる」「一生忘れられない、大切な仲間と、思い出」などと熱いコメントが寄せられ、青春ソングとして幅広い世代から支持を集めました。

GReeeeNメンバーコメント

初めて音楽に触れたり、友達や恋人、部活の仲間たちとのかけがえのない青春を過ごすその大切な思い出の瞬間に、僕たちGReeeeNの曲がそばに寄り添えている事、とても嬉しい限りです!!!!

第1弾:#初めての推し曲

実施期間:2021年3月15日(月)~3月23日(火)
総投稿数:712

プレイリスト

第2弾:# 初恋の時に聴いてた曲

実施期間:2021年3月24日(水)~4月2日(金)
総投稿数:431

プレイリスト

第3弾:#青春といえばこの曲

実施期間:2021年4月3日(土)~4月11日(月)
総投稿数:3,049

プレイリスト

第4弾:#部活の応援ソング

集計期間:2021年4月12日(火)~4月19日(月)
総投稿数:439

プレイリスト

それぞれの青春ソングとして、GReeeeNが人気を集めたほか、『第2弾#初恋のときに聞いてた曲』ではYUI「CHE.R.RY」が1位にランクイン。平成の人気ラブソングである同曲は、最近はTik TokやSNSでも人気が再沸騰中しており、幅広い世代から支持を集めました。

『第4弾#部活の応援ソング』では、ゆず「栄光の架橋」が1位を獲得。NHK『アテネオリンピック中継』公式テーマソングとしても知られるこの曲は、野球をはじめスポーツ選手の入場曲でも多く使用されるなど、スポーツを頑張る部活の応援ソングとして親しまれたほか、卒業式や部活の引退式などで卒業生にむけて歌われる定番曲としても知られており、人気を集めたようです。

そのほか、スピッツ「チェリー」が第1弾~第3弾まで3つのTOP10にランクイン。大塚愛「さくらんぼ」、嵐「Happiness」、ゆず「夏色」、aiko「カブトムシ」、ケツメイシ「さくら」、MONGOL800「小さな恋のうた」がそれぞれ2つのランキングにTOP10入りを果たし、青春ソングとして支持を集めました。

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事