赤ちゃんのサンダルのイメージ

 

こんにちは、保育士の中田馨です。今年は梅雨が早めにやってきて、夏の訪れも早いかもしれませんね。そろそろ、夏の服装を買いそろえるご家庭も多いのではないかと思います。今回は、暑くなったらサンダルが必要なのか? サンダルはいつから履けるの? どんなサンダルを選べばいいのか? などお話しします。
 

サンダルデビューはいつから?

ベビー用品店に行くと、「これ、かわいい! これもいいな!」なんて目移りするくらい色とりどりのサンダルが販売されていますね。そろそろ歩きだすころだし、サンダルデビューしてもいいかなと思うと思います。ですが、そもそも赤ちゃんにとって、サンダルはいつからがおすすめなのでしょう?

赤ちゃんのサンダルデビューの目安は、歩き始めてしばらくしてからがいいでしょう。まずは、靴で歩くことにしっかりと慣れてからでも遅くはありません。また、夏だからと言って必ずしもサンダルを履かなければいけないわけではありません。運動靴で過ごしてももちろんOK! 運動靴を選ぶときは、通気性の良いものを選ぶといいでしょう。
 

試着は必ずすること

赤ちゃんにサンダルを選ぶときですが、基本は靴を選ぶときと同じです。幅が広かったり、甲が高かったりと、足の形は人それぞれ違います。大人も試着して自分に合う靴を選ぶと思います。赤ちゃんも赤ちゃんの足の形に合わせて選んであげましょう。

 

私の失敗談ですが、息子が1歳半ごろに初めてサンダルを購入しました。初めてサンダルを履かせることがうれしかった私は、息子に試着させずに「デザイン重視」でサンダルを買いました。そのときの私の気持ちを想像すると、「サンダルって靴よりも誰にでも合う」という感覚があったのでしょう。

 

ところが、実際に使ってみると、足の幅が広く、甲が高い息子にはキツく、結局ほとんど履かず、靴箱に眠らせることになってしまいました。私のように失敗しないためにも、ぜひ皆さんは試着をさせてあげてくださいね!

 

どんなデザインのサンダルを選べばいい?

歩き始めて間もない赤ちゃんです。サンダルを選ぶときには、安全性にも注意しましょう。ケガをしないためにも、しっかり歩けるようになるまでは、つま先が覆われているデザインのものをおすすめします。つま先が出ているサンダルは、もちろんかわいいのですが、転んだときに指先をケガすることがあります。他には、かかとが覆われているタイプは、覆われていないものに比べ脱げにくいのでおすすめです。

 

初めてのサンダルは、靴のように安定感のあるものを選ぶといいでしょう。また、夏で暑いですので、通気性のいい素材のサンダルを選びましょう。水遊びをすることもあると思いますので、すぐに乾く速乾性のサンダルもいいでしょう。

 

サンダルで遊ぶときの注意点

長く赤ちゃんを保育していて感じることは、「しっかりと外遊びするときは靴がベスト」ということです。サンダルは涼しくて心地よく過ごせるのですが、脱げやすかったり、転びやすいです。そのため、保育所で過ごすときは真夏でも靴を原則にしてます。

もしサンダルで遊ぶときに気を付けてほしいことは、遊ぶ前にサンダルのマジックテープがしっかり止まっているか確認してから遊ぶようにしましょう。

また、サンダルを履いたまま水遊びをする場合もあると思います。特にタイルのようなつるっとした素材の上をサンダルで歩くと、滑ってしまうこともあります。赤ちゃんに履かせているサンダルが滑らないタイプかどうかを確認してから、水遊びをさせるようにしてあげてください。

赤ちゃんがサンダルを履く姿は本当にかわいいですよね。ぜひ、赤ちゃんに合ったサンダルに出会えるといいですね。

 


著者:保育士 一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長 中田馨

0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事