カーシェアのイメージ

 

固定費の削減は通信費や光熱費、保険料等以外に自動車関連費用も候補の1つになります。自動車関連費用の削減の候補の一つとして、カーシェアリング(以後、カーシェア)が挙げられます。

 

自動車がないと生活ができない場所にお住まいの方や車が趣味の人などには難しい選択肢ですが、週末の買い物・レジャーや旅行・帰省にしか使わないなどの使用頻度が少ない場合であれば、カーシェアによって固定費を削減できる場合も少なくありません。今回はカーシェアの概要とメリット・デメリットについてお伝えします。
 

カーシェアとはどのようなもの?

カーシェアとは、各カーシェア会社に登録した会員が自動車を共同で利用するサービスです。レンタカーと比べて短い時間の利用が可能で、最低利用時間の単位が10分か15分であることが多いです。また、無人で管理されていることがほとんどのため、レンタカーのように営業時間外で利用・返却ができないということがほとんどありません。多くの場合、インターネットで予約を行い、ICカードやスマートフォンでドアの開閉を行います。

 

利用料金は、各カーシェア会社によって異なりますが、以下の基準で決まるところが多いです。なお、ガソリン代や最低限の自動車保険は利用料金に含まれていることがほとんどです。
 

カード発行手数料

初回登録時にカード発行手数料が掛かります。1000〜2000円程度であることが多いです。費用の掛からない会社やキャンペーンで手数料のかからないケースがあります。
 

月額基本料金

月額1000〜2000円であることが多いです。費用がかからないケースや基本料金は高いものの利用料金が安くなるプランを用意している会社もあります。
 

時間料金

時間単位で発生する利用料金です。車種やプランによって料金が異なります。最大手の会社では、標準タイプの車種で15分220円となっています。また、長時間になると〇時間パック料金といた割引料金が適用されるケースもあります。

 

距離料金

時間料金とは別にガソリンの使用状況に応じた料金を設定してます。1kmあたり15〜20円であることが多いのですが、距離料金の無いプランやパックプランのみ適用される会社もあります。

 

なお、利用者が状況に応じて洗車や給油を行う必要があります。洗車や給油は無人管理に必要な作業であるため、作業時間に相当する利用時間は割引になるケースがほとんどです。また、3・4歳から使えるジュニアシートは大手3社については全車搭載しているようですが、さらに小さいお子さん用のチャイルドシートは一部のステーション・車種での設置に限られているようです。
 

 

カーシェアのメリット・デメリット

カーシェアは車を所有しないことが最大のメリットでありデメリットです。
 

車を所有しない場合には、自動車の購入費用だけでなく、自動車税・自動車重量税等の税金、自賠責保険・任意保険の保険料、車検費用、駐車場代等の維持費用が掛からないのが大きなメリットで、家計によっては固定費を削減できます。
 

一例ですが、月4回(ほぼ週1回)6時間50kmの車を使う場合、カーシェアは15,000〜17,000円程度の利用料金となりますが、150万円の自動車をローンで購入し、駐車場が月額15,000円とした場合には、維持費+ローンの返済で40,000〜50,000円程度の費用がかかります。

その反面、車は自分のものではないので、使いたいときにすぐ使えないことや荷物を置きっぱなしにできないことは大きなデメリットです。他の利用者の状況で予約が取れない場合や車内が清掃できていない場合があることもデメリットとなります。

 

自動車を手放す前にまずカーシェアを利用してみる

固定費を削減する観点からは、自動車の使用頻度の少ないご家庭では、自動車の所有よりカーシェアにするほうがメリットは大きいのですが、カーシェアの利用に向いているか、近所のカーシェアの利用しやすいかどうかなどは、試してみてからの方がいいと思います。

 

自動車の購入・売却よりカーシェアの入会・退会の方が簡単ですし、最低限の利用であれば月に2000〜3000円程度で済みますので、何度か使ってから判断されることをおすすめします。大手のカーシェアサイトには利用シミュレーションもありますので、現在の自動車維持費用と比較して検討されるといいでしょう。

 

自動車維持に係る主な項目は以下の通りです。これを月額に直して、カーシェアの利用料金と比較してみましょう。

 

①ガソリン代

②自動車ローン(または購入費用)

③自動車税

④自賠責保険料

⑤任意保険料

⑥駐車場費用

⑦車検費用

⑧その他整備費用・消耗品費用

など

筆者もかつて自動車がないと生活できない場所に住んでいた時には自動車を所有していましたが、現在は駅まで徒歩圏内に住まいを変えてからは、カーシェアを利用しています。

 

家計の観点からは月に2〜3万円程度の余裕ができましたが、予約した車にゴミが放置されていて残念に思ったこともあります。自動車の利用はお金だけで割り切れない部分もありますが、自動車の利用頻度や優先順位の低い方は、カーシェアを利用して固定費を削減できるかを検討してみるといいでしょう。調べてみるとご自宅に近いところに利用できる場所があるかもしれません。

 


監修者・著者:ファイナンシャルプランナー 大野高志

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP®(日本FP協会認定)。独立系FP事務所・株式会社とし生活設計取締役。予備校チューター、地方公務員、金融機関勤務を経て2011年に独立。教育費・老後資金準備、税や社会保障、住宅ローンや保険の見直し、貯蓄・資産運用等 多角的にライフプランの個別相談を行うとともにセミナー講師として活動しています。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事