口臭

 

50歳を過ぎたころに友人から「口臭うよ」と言われました。それ以来、話していても口臭が気になってしまって人の顔色をうかがうように……。そんなふうに私の悩みの種だった口臭が、あるアイテムを使うようになってからなくなりました! 今では安心して会話を楽しめるようになった、私の体験談をお話しします。

 

友人から口臭を指摘されて気になるように

口臭2

 

以前と比べて食べ物が歯と歯の間に詰まることが増え、年を取って歯と歯の隙間が開いてきたなと薄々感じていました。しかし、歯磨きは念入りにしているつもりでしたし、年相応の変化だとあまり気にしてませんでした。

 

ある日、何気ない会話の途中で、友人から「ごめん、ちょっと臭うかも」と遠慮がちに言われました。私はそのとき初めて自分の口臭に気付いたのです。自分でも手のひらを口に当てて息を吹きかけてみたら、たしかに臭います。なんとも言えない独特の臭い。

 

それ以来、歯磨きはさらに時間をかけて入念におこない、歯磨き後にはマウスウォッシュで口をすすぐようにしましたが、マスクをするとダイレクトに感じる自分の口臭……。「これも加齢臭の一種なのかなぁ。年齢には勝てないのかなぁ」と半ば諦めながら、人と会話をするときはあまり息が飛ばないように気をつかいつつ話すようにしていました。

 

歯医者さんで歯間ブラシをすすめられた

歯間ブラシ

 

ある日、歯の詰め物が取れてしまったので歯医者さんへ行くと、治療が必要と言われました。週1回ペースで1カ月間通い、歯を削って新しい詰め物を入れて治療は終了したのですが、歯石取りをすすめられて翌週も歯医者さんへ。歯石取りの前に、歯科衛生士さんに歯や歯茎の健康チェックをしていただきました。「虫歯はありませんね」と言われてひと安心したものの、歯茎のケアに問題ありとのこと。

 

歯間ブラシを見せながら「使ったことはありますか」と歯科衛生士さん。私は、存在は知っていましたが使おうと思ったこともなければ、見たのも初めてです。それでなくても歯の隙間が広がってきたことを気にしているのに、ブラシを入れたら余計に広がりそう。歯茎が腫れているわけでもないし必要なの? と思いつつ、「いいえ」と答えました。

 

でも、「今、試してみませんか。使い方をお教えしますよ」と言っていただいたので、せっかくだからお願いすることにしました。

 

歯間ブラシで出血!使い続けて口臭が改善

口臭改善

 

歯間ブラシにはサイズがいろいろあり、私の場合、Sだと入りませんでした。SSのブラシを歯と歯の隙間に入れてみると、血の臭い。鏡を見ると、歯と歯茎の間の辺りから血が滲み出ていました。痛みはないのですが、差し込んだブラシをゆっくり前後に動かすたびに血が出ます。

 

「歯茎は腫れていないし、歯磨き中に血が出たこともなかったのに、なぜ!? 」 と驚く私に、「出る血は出したほうが良いんです。健康な歯茎ならブラシを差しても血は出ないんですよ」と歯科衛生士さん。その落ち着いた声に「これ、医療ミスじゃないんだ」とホッとするほど、歯茎が出血したことに驚いたのです。上下右半分を歯科衛生士さんにケアしていただき、左半分は自分で挑戦。最初はブラシが入らず苦戦しましたが、すぐに慣れました。何回か繰り返すうちに血も止まり、全部終わってうがいをすると、気持ちよかったです。歯磨きとはまた違うスッキリ感でした。

 

そして帰りにドラッグストアで歯間ブラシを購入して、1日1回、夜の歯磨き後に歯間ブラシでのケアを開始。3日目から血は出なくなり、マスクをしても口臭を感じなくなりました。念のため友人に確認すると臭くないよとOKをもらえました。

 

まとめ

今は口臭を気にせず堂々と会話が楽しめてうれしいです。1度うっかり歯間ブラシの在庫がなくなって、2週間くらい歯間ブラシをさぼっていたことがあるのですが、マスクをしたときに口臭を感じて慌てて買いに行きました。2週間さぼってしまったあとに歯間ブラシを使ったら、案の定、歯茎から出血。それ以来、ストックは常に切らさないようにしています。

 

年を取ってから食べ物が歯に挟まったり、口が臭くなったり、口のトラブルは増えましたが、歯間ブラシはそんな私の強い味方です。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

【駒形先生からのアドバイス】
口臭は胃の不調が原因だったり、扁桃腺に食べ残しがたまって起こったりすることがあるので、歯科治療で軽快しない場合は内科や耳鼻科を受診してみてください。

 

イラスト/村澤綾香

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ウーマンカレンダーサイトはこちら! 


著者:K.Y

平日はパートで働きながら家計を支える52歳主婦。休日にテレビを見ながらハーゲンダッツを食べるのを楽しみに日々頑張っている。

 


監修者:医師 こまがた医院院長 駒形依子 先生

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事