前回のお話:食いつきがスゴイ!「性別わかったよ」のひと声に瞬時に反応する旦那氏

 

記念すべき第100話は、安産祈願のお話です。

 

妊娠5カ月の戌の日に、安産祈願へLet's Go!!

まっふ100話

 

安定期に入る妊娠5カ月あたりに、安産を祈願しに神社へ行く風習があるらしいです。
 

安産のシンボルである「戌の日」に行くとなお良いらしいです。(戌の日は、12日に1回ある)

ちょうど旦那氏とお義母さんの平日休みが戌の日にかぶったので、いいタイミングで行ってきました!

 

服装は普段着。まだそこまでおなかも出てないので、腹帯は役になってそうもないのですが、一緒に巻いてご祈祷してもらうと良いとどこかで見たので、一応巻いていきました。

 

 

まずは申し込み用紙をもらい、住所名前を記入し、一緒にお金……初穂料を払います。
 

初穂料は5000円~お気持ちでって書いてありました。(5000円、10000円、20000円? とか〇するところがある。
 

われらは5000円でw

 

お義母さんには外から見ててもらい、私と旦那氏は普段入れない拝殿の中へ。平日とあって貸し切りだったけど、他に人がいるときは一緒にやっちゃう感じ。

 

神主さん? 祈祷師さん? が何かを読み上げ、葉っぱをフリフリしたりしてご祈祷してくれます。(語彙力の無さよ)
 

途中私たちも言われるがまま、神様の前に行ったりパンパンしたり、いろいろ言われるがまま。(語彙力……)

 

最後にお神酒(※1)を出してもらったのですが、妊婦でもお酒(※2)飲んでいいの!? と疑問に思い、とりあえず飲むふりだけ……w

 

そのあと、ここの神社では「底の無い柄」をもらい奉納しにいくようです。底がないのは「水が通るようにうまれる」ことを願ってらしいです。夫婦氏名・出産予定日・願い事を書くので、同じ予定日の人がいたりで盛り上がる。

 

そんな感じで1時間ほどで終わりました!

 

お土産にお守りが入っていたので、母子手帳ケースに入れておきました!
 

もう1つぺらぺらの紙のお守りが入ってたのに、気づかず1回捨てました。危なかった!(救済できてよかったw)

 

元気に健康に産まれてきますように!!

 

(※1)お神酒はお土産でもらうケースもあるようですが、そのような場合は料理に使うと良いでしょう。(その際は、加熱させてアルコールを飛ばすようにしましょう)

 

(※2)妊娠中に飲酒することで、アルコールはおなかの中の赤ちゃんへと移行します。赤ちゃんの肝臓は未熟なので、アルコールを分解する機能が低いです。そのため、さまざまな影響が生じるおそれがあります。妊娠中の飲酒は控えるようにましょう。

 

【第101話につづく】

 

監修/助産師REIKO


著者:イラストレーター 漫画家 まっふ

令和元年5月1日生まれの男の子を子育て中の漫画家。多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠を備忘録としてブログにのんびり4コマで更新中。ベビーカレンダーでは妊娠中のお話「妊婦レベル1 まっふの冒険記」を連載中。息子とのお昼寝と一日の終わりにするゲームがなによりの至福。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事