旬野菜、枝豆の離乳食レシピ

 

旬の野菜はおいしくて栄養がたっぷりな上に、値段もお手ごろ♪ ぜひ、毎日の離乳食に取り入れたい食材です。そこで野菜のおいしさ、使い方を知り尽くした野菜ソムリエのママに旬の野菜を使った簡単にできるおいしい離乳食レシピを教えていただきました。6月の旬野菜は枝豆です。枝豆の選び方や栄養、離乳食への使い方もご紹介します!

 

【6月の旬野菜】枝豆のポイント

枝豆は、熟す前に収穫した大豆です。「畑の肉」と呼ばれる大豆同様に良質なたんぱく質、ビタミン群、ミネラルが豊富に含まれる上、大豆にはないビタミンCも含む栄養価が非常に高い夏野菜です。

 

栄養価が高いだけではなく、甘みがあって食べやすいので離乳食におすすめです。枝付きの方がネット包装で販売されているものより鮮度が保てます。ですが、枝豆は鮮度が落ちやすいので買ってすぐにゆでておくほうが良いでしょう。

 

【離乳食初期~中期】枝豆豆腐がゆ

 

【離乳食初期】枝豆豆腐がゆ

 

材料(1人分)

・枝豆 ……5g

・絹ごし豆腐 ……10g

・10倍がゆ …大さじ2(離乳食中期は7倍がゆ…50g)

 

作り方

① 枝豆はやわらかくゆでて薄皮をむいてすりつぶし、裏ごしをしてゆで汁でのばす。離乳食中期はゆでて薄皮をむいてすりつぶす。

② 絹ごし豆腐をゆでて、裏ごしをする。

③ 器に10倍がゆを盛り、①、②をのせる。

 

【離乳食後期】枝豆ツナのお焼き

【離乳食後期】枝豆ツナのお焼き

 

材料(1人分)

・枝豆 ……10g

・じゃがいも ……60g

・ツナ缶(水煮缶) ……10g

・片栗粉(※生地がやわらかすぎてまとまらない場合) ……少々

・サラダ油 ……少々

 

作り方

① 枝豆はやわらかくゆでて薄皮をむいて細かく刻む。

② じゃがいもは皮をむいて水にさらしてあく抜きをしてから、やわらかくゆ でてすりつぶす。

③ ボウルに①、②、汁気を切ったツナ缶を入れてよく混ぜ合わせ、食べやすい大きさにまとめる。
※生地がやわらかくまとまらない場合は片栗粉を少々加える。

④ フライパンにサラダ油をしいて熱し、弱火で③を入れて中に火が通るまで両面焼く。

 

【離乳食完了期】枝豆チーズサンドイッチ

 

【離乳食完了期】枝豆チーズサンドイッチ

 

材料(1人分)

・枝豆 ……10g

・カッテージチーズ ……10g

・サンドイッチ用食パン ……1枚

・マヨネーズ …少々

 

作り方

① 枝豆はやわらかくゆでて薄皮をむいて細かく刻む。

② ボウルに①、カッテージチーズを加えてよく混ぜ合わせる。

③ サンドイッチ用食パンにマヨネーズを塗り、②を挟み、食べやすい大きさにカットする。

 

ベビーカレンダーは管理栄養士監修・離乳食レシピ数、日本最大級!
月齢別の離乳食レシピを1,000以上掲載しています。レシピ内の「作った」件数を見れば、他のママがどんな離乳食をよく作っているのかわかりますよ♪ 赤ちゃんと一緒に、いろいろな離乳食にチャレンジしてみてください!

 


※赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。

※食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

※アレルギー表示は目安です。実際の食材および加工食品とは異なる場合がございます。パッケージ裏などに記載の原材料やアレルギー表示、成分表等をご確認ください。

関連リンク:【月齢別】離乳食レシピ・月齢別食べていいものダメなもの - ベビーカレンダーの離乳食

 


監修者:野菜ソムリエ 野菜ソムリエ 日高直子

野菜料理家、野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター

「野菜とバランスの良い食」をテーマに、食の大切さや楽しさ、食の正しい知識と野菜果物のおもてなし料理が学べる料理教室kitchen studio *nao*を主宰。

料理教室ポータルサイトクスパ主催のクスパアワード2019受賞 料理教室。料理教室の他、講師業、コラム執筆、レシピ開発、撮影スタイリングなども行っている。「美味しい」「楽しい」「ヘルシー」な料理に「食の正しい知識」をプラスして、ワンランクアップのヘルシーライフを提案。プライベートでは6歳女児のママでもある。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事