熱中症対策グッズ

 

7月に突入し、これから暑い夏が本格的に始まります。30度を超えるような猛暑日には、ちょっとお買い物や公園に出かけるだけでも熱中症対策しないと不安ですよね。そんなときに役立ちそうなのが、キャンドゥの暑さ対策グッズ。種類が豊富なうえに、これは便利!と感動するようなアイデア商品もあって、つい買い揃えたくなっちゃいます。

 

水分補給は基本! 保冷できるケースで持ち歩こう

熱中症対策グッズ

 

熱中症対策の基本は水分補給。保冷効果のあるケースに入れて持ち歩くようにすれば、外出時にも冷えた状態のドリンクを飲むことができます。

(写真左)キャップ付きのドリンクパウチ。水やお茶を入れてそのまま凍らせることができます。
(写真右)パイル生地のペットボトルカバー。水滴防止になるうえに、ポケットが付いていて保冷剤を入れられるようになっています。
(写真中央)小さめの保冷ポーチ。ドリンクは入りませんが、チョコや飴などちょっとしたお菓子を入れておけるので意外に便利。

 

首元・背中を冷やすことで体感温度を下げる!

熱中症対策グッズ

 

熱中症対策グッズ

 

こちらは保冷剤ポケット付きのネックカバー。首後ろの部分が広くなっているので、首元から背中にかけてしっかり冷やすことができます。室内で使えばクーラーの電気代節約にもなりそう。

 

濡らすとひんやりする魔法のタオル

熱中症対策グッズ

 

水に濡らすだけでひんやりしてくれるタオルやネッククーラーは、凍らせるなどの事前準備がいらないので、手軽で使いやすいですね。

(写真左)水に濡らして絞るだけで冷たくなるタオル。夏のレジャーやスポーツにぴったり。
(写真右)冷感ポリマーが入っているネッククーラー。水に10〜20分ほどつけておくと、ポリマーが膨らんでひんやりします。便利なシリコンリング付き。

 

リュック派の人にうれしいクール背中パッド

熱中症対策グッズ

 

熱中症対策グッズ

 

リュック派の人にうれしい、クール背中パッド。上部のポケットに布等で包んだ保冷剤を入れて、マジックテープで持ち手と肩掛け部分に取り付けて使用します。いつものリュックを背負っているだけで首元が冷やされるというのが良いですね。

 

昔から使われている「氷のう」はやっぱり優秀!

熱中症対策グッズ

 

昔から発熱時などに愛用されている「氷のう」は今の時代の暑さ対策としてもやっぱり優秀。お子さんがスポーツなどをやっているご家庭には常備されているのではないでしょうか。キャンドゥのものは小さめでデザインもかわいいのでおすすめです。

 

 

夏の暑い日のお出かけが快適になりそうなキャンドゥの暑さ対策グッズ。種類が豊富なのはもちろん、デザインがかわいいのもおすすめポイントの1つです。普段の買い物などの外出や遊び盛りのお子さんの熱中症対策としていかがでしょうか。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗では臨時休業や営業時間の変更などを実施している可能性があります。商品購入の際には自分だけではなく周りの方、スタッフの方への感染防止対策を十分におこない、安全性に配慮していただくなどご注意ください。外出を楽しめる日が1日も早く訪れますように!

 

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。

 


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事