妊活中、最もきてほしくなかったのが生理でした。

 

生理を「女の子の日」と言う人もいますが、妊活を始めてから、私は「女性だけの日ではないんだ」と感じるように。夫婦の関わり方次第で、嫌な生理も夫婦の距離を縮めるきっかけになることを感じたエピソードです。

「今回もダメだった…」妊活中にくる、つらい生理。落ち込む私に夫は… 「今回もダメだった…」妊活中にくる、つらい生理。落ち込む私に夫は…

学生時代や独身時代は、生理はただの毎月のお決まり行事でしたが、妊活を始めてからは、私ひとりではなく夫婦で乗り越えるものに変わりました。

 

生理は嫌な面ばかりが目立ちますが、捉え方や関わり方次第で、夫婦の距離が縮まることもあるのだと、今は感じています。そして時期がきたら、これから生まれてくる息子にも、女の子にやさしく接することができるように伝えたいと思っています。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

原案/今野 鈴さん

作画/まっふ


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事