入院する妊婦さんのイメージ

 

私は初めての妊娠のときに、切迫早産のため妊娠34週で入院しました。ベッドから動くことができない絶対安静の入院生活は、身体的にも精神的にもしんどかったです。私が切迫早産の診断を受け、入院したときの体験談をお話しします。

 

妊娠後期まで順調な妊婦生活

私が切迫早産の診断を受けて入院したのは、初めての妊娠のときです。妊娠後期に入り、里帰り出産のために実家に戻った直後のことでした。

 

それまでは健診で指摘されることもなく順調な妊娠経過をたどっていましたが、妊娠34週の健診で「赤ちゃんは逆子になっているし、頻繁におなかが張っている!」と医師に言われ即刻入院をすることになりました。まさに寝耳に水。健診で赤ちゃんの成長は順調だと確認するはずだったのに、危険な状態になっていたのです。

 

突然始まった絶対安静の入院生活

診察室から車椅子で病室に運ばれて、そのままベッドでおなかの張りを抑える点滴を打つことになってしまいました。

 

頻繁におなかが張っていると言われても実感のなかった私は、医師や看護師さんの慌てようを見てようやく自分が大変な状況なっていることを理解したのです。突然の入院だったので出産入院の準備もしておらず、電話で家族にお願いして病院に持って来てもらいました。

 

絶対安静のつらさを実感

入院から1日経って、ようやく赤ちゃんと自分の状況が理解できました。助産師さんから切迫早産の問題点や対処法を聞いて、赤ちゃんが大きく成長してくれるまで生まれないように安静にするということしか自分にできることはないと思いました。

 

そして、赤ちゃんのためにも治療に専念しようと覚悟を決めたのですが……点滴に繋がれたままベッドの上で動くこともできないというのは、体が痛くなるし退屈でとてもつらかったです。

 

おなかの張りに気付いていなかった

入院中に医師や助産師さんからおなかは今張っていないかと何度も確認されることで、おなかの張りがあるときの感覚がわかるようになりました。そしてようやく入院前も日常生活のなかでおなかが張っていたんだということに気付いたのです。

 

妊婦健診ではおなかが張ったら都度休むようにと注意されていたのに、張りに気付いておらず安静にしていなかったためこうなってしまったのだと反省しました。

 

 

幸い早産にならず、妊娠40週で無事出産。私は切迫早産で絶対安静の入院になってしまってから、おなかが張ったら安静にするということの大切さを知りました。初めての妊娠でおなかの張りという感覚がわからなかったのなら、健診の際に医師や助産師さんに尋ねておくべきだったと反省しました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

先輩ママの体験談、いかがでしたか?「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

 

監修/助産師REIKO


著者:三宅ちよこ

フリーランスとして働きながら一男一女を子育て中の母。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、株や不動産投資を副業としている。ライターとして主婦のためのお得な情報や子育てに関する体験談を執筆している。

 


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事