どん底からの大逆転!「恋愛偏差値ゼロ」の私が結婚できたある作戦は…

 

私は恋愛ビギナー。男性に興味がないまま25歳で付き合った彼とは、交際1カ月で破局しました。そこからの私は「攻め」の恋愛に路線変更! 毎週末の婚活は、まさに「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦でした。

 

恋愛経験ほぼゼロ! 25歳での交際は1カ月で破局

これまで、恋愛とはほど遠いところにいた私。高校を中退してからは家に引きこもり、大学は女子大と、男性にまったく興味を持たないまま社会人になりました。

 

25歳のとき、ようやくお付き合いできる男性が出現します! ところが、交際わずか1カ月でフラれてしまいました。

 

私の恋愛経験はゼロに等しかったため、フラれたショックはかなり大きく、彼の友人を巻き込んで連絡をとったりするなど未練タラタラ……。だけど、どうあがいても復縁はないのだと気づかされただけでした。
 

フラれた反動で週末のたびに婚活

それからの私は、男性と無縁だったこれまでの生活を一変! 彼を忘れるため、お茶会、街コン、イベコンと、週末がくるたび出歩くようになったのです。

趣味のプロ野球好きが大きな武器となって、いろいろな男性と出会いました。たぶん、このときが「自分史上最大のモテ期」だったと思います。デートの誘いをたくさん受け、3カ月連続でいろんな男性から告白されました。

「数撃ちゃ当たる」のことわざどおり、1人の男性に執着するよりも出会いの場を多くしました。たくさんあった出会いのなかから「この人のことをもっと知りたい!」と思えた男性とお付き合いを開始。それが今の夫です。

 

1人に執着せず、多くの出会いのなかで巡り合った夫

夫は、一緒にいてとても居心地のいい人。付き合って早々「この人と結婚したい!」と強く思いました。そして同時に「将来性のない付き合いをズルズル続けるのはイヤ!」とも思ったのです。振り返ってみれば、まわりの結婚や婚活の話を聞いて焦っていたのでしょう。付き合って1カ月くらいのとき、夫にこう言いました。

「結婚を前提としたお付き合いでないと今後も付き合えない」

幸い、夫も私と「結婚したい」と思ってくれていたようで、このことを伝えてから、すぐに夫からプロポーズ。婚約し、結婚に至りました。現在、1歳の子どもがいますが、いまだに喧嘩がなく、休日はいつも一緒の仲良し夫婦です。
 

 

結婚はタイミングも大事ですが、お互い「結婚したい」気持ちがあることを確認してお付き合いすることも大事だと思います。私自身がそうでした。いくら私が夫に好意を持ち、結婚の意思があっても、あのとき夫から明確な返事がなければ、ズルズルと付き合いを長引かせたりせず、すぐに別れていたと思います。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

文/おさき ゆりさん


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事