これは腰を抜かす!愛犬と夜道を散歩中、道路の真ん中にポツンと立っていたのは・・・

愛犬と夜道を散歩中だった男性は、道路の真ん中にゾッとするものが立っているのを発見しました。
ホラー映画のワンシーンのような不気味で恐ろしい光景に、愛犬も怖がってしまったようです。

何かに気付いて怖がる愛犬

現場は、ブラジル・ペルナンブーコ州レシフェ市の西に位置するエリア。
男性が撮影した動画は、ある通りの十字路に差し掛かったところから始まります。

出典:YouTube

  
「なんという災い」と、なにか恐ろしいことが起きていることを示唆するテロップ。
画面をよく見ると、道路の真ん中に何かが立っているのが分かります。

出典:YouTube

  
それに気付いた男性の愛犬は、明らかに怖がっています。

なぜこんなところに・・・?!

道路の真ん中にいたのは・・・

出典:YouTube

  
ピンクの椅子の前に、裸足でポツンと立っている人形でした。
まるでホラー映画のワンシーンのような不気味で恐ろしい光景ですよね。

こんな時間、こんな場所になぜ?

出典:YouTube

  
まさか・・・持ち主の家をこっそり抜け出して道路で遊んでいたとか?
どうしてもホラーな方向に考えてしまいます。

出典:YouTube

  
一人で帰宅中にこの場に遭遇してしまったら、驚きと恐怖のあまり腰を抜かしてしまいそうですね。

人形が置かれているのには、ある理由が!

ビックリしてしまうように置かれたこの人形。
それには明確な設置理由がありました。

この地域は、治安の問題を抱えているのだそう。
そこで、状況を憂いた住民たちは強盗を減らすために“泥棒たちを怖がらせよう”と考えました。
そしてホラー映画を彷彿させるよう、人形に夜10時から深夜まで通りの真ん中にいてもらう事にしたのだとか。

ユニークなアイディアですよね!
実際に人形を見て逃げ出す泥棒がいるのか、効果のほどはいかに・・・?

動画はこちら

夜の道路の真ん中に人形が立っているというホラーな光景は、こちらの動画からご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事