あなたは「眷顧」という難読漢字を読めますか?
「特別に目をかける事」という意味になるそうですよ。

この難読漢字をヒントも何もなく一発で読めれば、誇っていいレベルです!

(1)「眷顧」は3文字で、「〇〇こ」

「眷顧」という言葉も漢字も、普段は使うことがないため、何も思い浮かびませんよね。
「眷顧」は3文字で、「〇〇こ」となるのですが、そもそも前半の漢字がわからないという人が多いでしょう。

もし、「眷」という漢字を知っていれば、あなたはすでにスゴイです!
その知識と「〇〇こ」というヒントから、読み方を模索してみてください。

(『広辞苑』より)

(2)「眷顧」の意味は「特別に目をかける事」

タイトルにもあるように、「眷顧」の意味は「特別に目をかける事」です。
「特別に目をかけること」というと、よく使われる言葉としては「ひいき」があるでしょう。

特別に目をかけてもらっている人を見て、「ひいきだ!」と嫉妬したこともあるのでは?
広辞苑には「眷顧」の意味について、「なさけをかけること・かわいがること・ひいき」と掲載されています。

(『広辞苑』より)

(3)「眷顧」の読み方について

では、答え合わせといきましょう。
「眷顧」の読み方について解説します。

「眷顧」の読み方は、「けんこ」と読むのです!
なかなか登場しない難読漢字なので、この機会にしっかり暗記しておきましょう。

(『広辞苑』より)

(4)「眷顧」の類義語が知りたい!

さらに知識の幅を広げるために、「眷顧」の類義語についても学習しましょう。
さきほども登場した、「ひいき」も類義語になります。

漢字で表すと「贔屓」となるので、この漢字も覚えておいてくださいね。
他にも「愛顧」、「寵愛」、「支持」などが類義語になりますよ。

ヒントを与えられても、すぐに回答できない難しい漢字「眷顧」。
だからこそ、読めるようになると自慢できるレベルですごいことなのです。

なじみのある類義語「贔屓」と、セットで覚えるといいかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

読めそうで読めない!【咳く】「せきく」じゃないですよ~!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事