女性から「イケメン」と言われると、「もしかして俺のこと好き!?」と思う男性が多いです。
しかし実は、イケメンと言うのは決していい理由ばかりではありません。

今回は、女性が言う「イケメン」の意味を4つご紹介します!

(1)相手をたてるためのお世辞

残念な話になりますが、大抵の女性はお世辞として「イケメン」を使う場合が多いです。
「相手に気に入られたい」「場を収めるためにとりあえず褒めておくか」という理由で、相手をたてます。

本当にかっこいいとは思っておらず、褒めるための手段の1つとして認識しておきましょう。

(2)女性への「かわいい」と同じ感覚

「なんでそんな紛らわしいことを言うの?」と思うかもしれませんが、女性が言う「かわいい」と同じ感覚です。
男性も本当にかわいいかどうかわからなくても、とりあえず場のノリに合わせて「かわいい」と言いますよね。

女性もそれと同じく、「周りがイケメンと言っているから自分も言う」という感覚なので、あまり真に受けないほうがいいかもしれません。

(3)性格が紳士

お世辞やノリの話をしましたが、本気でイケメンだと思って言うパターンもあります。
たとえば、泣いている子どもに声をかけて助けてあげたり、重い荷物を持って階段を登る年配の方を手助けしたりすると、その行動力にイケメンさを感じるようです。

性格が紳士な男性は、「性格イケメン」という意味で言う女性もいますよ。

(4)顔がタイプ

単純に顔が好みな男性に出会うと、イケメン発言をする女性もいます。
その場でズバッと言える女性は、「ザ・肉食系」と呼ぶべき積極性が特徴です。

脈アリだとは思うので、ありのままの意味で受け取っても問題はないでしょう。

「イケメンだね」と言われて舞い上がる男性もいれば、「お世辞」と捉えて受け流す男性もいます。
受け取り方は人それぞれですが、「イケメン発言=俺のことが好き」という考えをもつのは危険信号です。

勘違い野郎にならないように、ほどよく受け取る程度に留めておきましょう。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【保存版】周りに慕われる「仕事の出来る男性」の特徴12選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事