旦那の「疲れた」という一言に、イラっとすることはありませんか?
まるで、疲れているのは自分だけと思っているみたいですよね。

今回は、「疲れているのは私も一緒」と思わず本音を言いたくなる瞬間を4つご紹介します。

(1)「パパは疲れているから」と子どもの相手をしない

子どもがパパと遊びたがっているのに、「パパは疲れているから」の一言に妻はイラっ!
どんなに疲れていても保育園のお迎えや夕食の準備で休む暇もないのに、自分だけ疲れているような言い方は、妻をいら立たせます。

育児に無関心で、何でも「ママに言って」と人任せにすると妻の怒りも爆発してしまいますよ。

(2)ソファでゴロゴロして動かない

妻の方が就業時間が短いとしても、家事の分担が妻に偏っている家庭も多いのではないでしょうか。
家に帰ったらゴロゴロして動かない夫の方が、のんびりしている時間は断然多いのです。

「お茶持ってきて」「新聞取って」「リモコンどこ?」とまったく動かない夫に、「疲れているのは私もなんですけど?!」と言いたくなるのは当然!

(3)後片付けを自分でしない

夫が仕事で疲れていることは理解できても、後片付けくらいはしてほしいもの。
靴下脱いだら脱ぎっぱなし、食事の後はお皿を運ぼうなんて頭になしでは、妻の負担が増えるばかりです。

「めんどくさいし、妻が片付けるだろう」という態度は思いやりに欠けているため、妻の気持ちも冷めてしまうかもしれません。

(4)疲れているから休日くらいゆっくりさせて

夫婦共働きなら、家事や育児の分担はあたりまえ。
しかし平日は「疲れている」、休日は「休日くらい休ませろ」といって、まったく協力的でない男性もいます。

妻は「休日くらい休みたいのは私も一緒!」と言いたくなるものです。
家事や育児には休みがないため、妻にはゆっくり休める日がないことをお忘れなく!

優しい言葉をかけてくれたり、いたわってくれる旦那様もいるでしょうが、男性の中には「俺の方がいっぱい働いているから疲れている」といって、家では何もしない人もいるものです。

妻だって、仕事に家事に育児に忙しい毎日を送っているので、本当はクタクタ。
お互いに相手を思いやる心が持てたら、すてきな夫婦になれるでしょうね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【保存版】やめないで欲しい…♡女性を「ムラっとさせるキスの仕方」6選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事