口にするのは簡単ですが、いざ書くとなると難しい漢字。
今回ご紹介する「塒」も、子どももサッと口にしますが、かなりの難読漢字です。

鳥や動物などのあの場所をさす言葉になります。

(1)「塒」の読み方

「塒」をバラバラにすると、土・時となるこの漢字。
これだけでは、この漢字を読むにはヒントがなさすぎますよね。

では、さらにヒントとして、唯一の安心できる場所です。
心休まる場所は動物や人間、誰も同じではないでしょうか。

なんとなく伝わりましたか?
そう、この漢字は「ねぐら」と読みます。

「今日の塒はここにしよう!」というときの「ねぐら」が、この漢字です。
(『広辞苑』より)

(2)「塒」ってどんな場所?

塒は場所のことをさしますが、どんな場所のことでしょうか。
安心できる場所といえば、寝る場所ですよね。

「塒」は、「鳥が寝るところ。鳥小屋」や「自分の寝るところ」をさします。
人間の塒は家ですが、鳥や動物の塒は土の中や洞窟、木の上などさまざま。

これらすべて、「塒」になります。
狙われることなく、安心して朝を迎えられる場所があるのは幸せなことです。

(『広辞苑』より)

(3)「塒」の由来

「塒」は、「寝座(ねくら)」からきた言葉です。
「寝座」は寝る場所のことをさします。

ねぐらを「塒」としたのは、歴史と関係があります。
昔、権力争いに破れた後醍醐天皇は隠岐に島流しをされた際、御来屋(鳥取県西伯郡大山町)で泊まることになりました。

そこの住民である助右衛門が、雨戸で作った寝る場所(ねぐら)を提供。
そのお礼にて、「塒」という苗字を賜ったのです。

(『広辞苑』より)

(4)「寝床」は「塒」と同じ?

塒と同じように使われる寝床。
寝床も塒同様、寝る場所をさします。

塒は寝る場所のみですが、寝床は布団やベッドのこともさすので、その点は少し違います。
寝る場所を、「塒」「寝床」どちらであらわしてもOKです。

(『広辞苑』より)

漢字からは想像もつきにくい「塒」。
歴史的な裏側が由来しているとは驚きですが、豆知識として覚えておきましょう。

周りの人にも教えてあげてくださいね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

間違って覚えてない?!【逝去】この漢字、一発で正しく読める?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事