今回の難読漢字は、「蘭」という漢字です。
「らん」以外に、もうひとつ読み方があるのですがご存じでしょうか。

その読み方は何なのか、さっそく探っていきますね。

(1)「蘭」の読み方

「らん」とも読む「蘭」ですが、それでは難読漢字とはいえません。
植物が大好き、もしくは勉強している方であれば読める漢字です。

漢字からは想像しにくいのですが、「あららぎ」と読みます。
なんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。

たとえ知っていたとしても、蘭=あららぎとはなりにくいもの。
これで結びついたのではないでしょうか。

(『広辞苑』より)

(2)「蘭」とはどんな植物?

「蘭」とは、どのような植物をさすのでしょうか。

「蘭」は、ノビルの古名やイチイの異称をさします。
ノビルとは、ユリ科ネギ属の多年草のこと。

山や野原に自生し、球状の芽をつけ紫色を帯びた白色の花を咲かす植物です。
ニラのようなニオイを放ちます。

漢字では「野蒜」と書き、蒜はにんにくの古名です。
葉や鱗茎は食用に、根や茎はすりつぶして外傷や打ち身の薬として使われます。

イチイとは、イチイ科の常緑高木のこと。
自生は限られた地域になり、北部の深山で自生する植物になります。

赤橙色になると食べることができる、甘い果実のなる木です。
笏の材料として使われることから、一位の位にちなんで「イチイ」となりました。

同じ蘭であっても、華やかなイメージがある蘭(らん)と地味な蘭(あららぎ)に。
「蘭」に対するイメージが変わってきたことでしょう。

(『広辞苑』より)

(3)なぜ「あららぎ」を「蘭」にしたのか?

ひとつの漢字で異なる植物をさす「蘭」。
しかし、ここでなぜ「蘭」は「あららぎ」とも「らん」ともなったのか気になるでしょう。

漢字は、すべて中国から伝わっています。
伝わった当時は今のようにハイテク機械もないため、正確には伝わりません。

文献や絵などを参考にしたものの、どこかで勘違いが起こり、「らん」と「あららぎ」になったのでしょう。
こういう事例は多く存在し、中国と日本では意味が違うものになります。
(『広辞苑』より)

キレイな花を咲かすラン以外にも読み方があった「蘭」。
同じ漢字ではあるものの、読み方が違うという漢字も多く存在します。

他にもいろいろと探してみると、おもしろいですよ。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

この漢字読めますか…?【瀉出】実はよく知っている言葉かも!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事