皆さんの中で、女性に伝えたい自慢話を1つは持っている人が多いです。
しかし、話す内容を間違えると、ただの痛い人になる可能性も……。

今回は、女性が「痛いな」と感じる男性の自慢を4つご紹介します!

(1)「昔はよく自転車パクってたな」昔の不良話ほどドン引きするものはない

皆さんの中には、「昔はヤンチャをしていたけど今はまじめに生活している」という男性もいるでしょう。
過去の不良話を武勇伝のように話すのは、ただただダサいです。

「昔はよく自転車パクってたな~」「オレ昔学校で人の持ち物盗んだことがある」など、過去の悪事を暴露すれば、女性は「痛い」を通り越してドン引きします。

(2)「学生時代、1日に3人の女子に告白されてさ~」過去のモテ自慢

現状非モテの男性は、過去のモテ自慢を話す場合があります。
「昔はめちゃくちゃモテてさ~」「学生時代に1日に3人の女子に告白された」など、過去の話をされても女性の心にはまったく響きません。

むしろ、「過去の栄光を忘れられない痛いヤツ」と思われる可能性が……。

(3)「昔は痩せててかっこよかったんだよ~」昔の容姿自慢

昔と今で容姿に差が出ている男性は、昔の容姿の写真を出して謎のマウントを取ります。
スマホに若かりし頃の自分の画像を取っておいて、たくさんの女性に見せるのです。

その場では「かっこいい~」と褒める女性の大半は、「だから何?」と興味がありません。

(4)「金は持っている!」お金持ちマウントがすごい

外見も内面も自信がない男性は、お金を使って自分をよく見せようとします。
「今年ボーナス増えた~」「今月海外旅行なんだ~」など、お金持ちアピールをすれば、女性が寄ってくるという思惑です。

しかし、男女問わず恋愛で大事なのは誠実さや相性のよさではないでしょうか。

女性から痛い認定される男性は、自慢するジャンルを間違えているのが特徴です。
自慢話を盛り込む時は、本当にこの話をしていいのか一度考えてから話すようにしましょう!

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【保存版】やめないで欲しい…♡女性を「ムラっとさせるキスの仕方」6選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事