今回ご紹介する難読漢字「掌」、どのように読むと思いますか?
すぐに思いつくのが、「てのひら」という読み方でしょう。

しかし、今回は「5文字」で読む別の読み方をご紹介します。

(1)「掌」ってどんな意味になるの?

「掌」という漢字の意味について、さっそく解説していきます。
「手の心」の意で、「てのひら・てのうち・たなうち・たなうら・たなそこ」という意味になるのです。

「掌」を「てのひら」と読んだときと、同じ意味になります。
(『広辞苑』より)

(2)「掌」の読み方ヒントは「〇〇ご〇ろ」

冒頭でお伝えした通り、「掌」は5文字で読んでください。
さらにヒントとして、5文字とは「〇〇ご〇ろ」と読みます。

ここまでヒントが出ても、難しくて想像もつかないのではないでしょうか。
では、読み方の正解についてお伝えしますね。
(『広辞苑』より)

(3)「掌」は「たなごころ」と読みます!

「掌」は「たなごころ」と読むのですが、正解した方はいますか?
大ヒントをお伝えしたつもりですが、それでも難しかったのではないでしょうか。

「てのひら」と読んだときと、同じ意味だと言われてもピンときません。
そこで、「掌」はどんな使い方をするのかチェックしていきましょう。
(『広辞苑』より)

(4)「掌」ってどんな使い方をするの?

「掌の中」という使い方をしたときは、「物が掌の中にあるように自由になること」をいいます。
「掌にする」となれば、「手中にする・思いのままにする」という意味になるのです。

「掌を返す」は、「事の極めてたやすいことのたとえ」になります。
また、「掌を指す」は「物事の極めて明白なことのたとえ」のことだそうです。
(『広辞苑』より)

同じ意味なのに読み方が2つある「掌」という漢字、しっかり暗記できましたか?
「てのひら」は一般的な読み方ですが、「たなごころ」とも読めるなんて目から鱗でしたね。

どんな使い方をするのかも合わせて知っておくと、きっと役に立つでしょう。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

これ一字でなんて読む?【袷】日本の女性なら知っておきたいアレですよ~!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事