一般的に使われている漢字の中には、難読漢字であらわされるものもあります。
よく目にする例のアレにも、じつは難読漢字があるのです。

それが今回のお題である「穽」なのですが、あなたは読めますか?

(1)「穽」の読み方

「穴」に「井」でできた「穽」。
漢字から想像するとなんとなくわかりますが、穴に関係する漢字です。

これにはまると、抜け出すのにひと苦労します……。
そう、これは「おとしあな」と読みます。

よく目にする「落とし穴」の難読漢字バージョンです。
漢字一文字であらわすほうが、落とし穴という感じが伝わるのではないでしょうか。

そしてこれを知ると、落とし穴と書くより穽と書くほうが知的に見えます。
ぜひ覚えておきましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「穽」はどのような穴のこと?

穽がどのような穴か、復習程度にみていきましょう。
「穽」とは、獣を生け捕りにするために仕掛けた穴のことです。

そのほかに、人を陥れるはかりごとも意味します。
ドッキリ番組で見る穽は、おもしろいと感じるでしょう。

しかし、有名なドラマのように落とし合いをする穽は恐怖しかありません。
穽は、普段の生活でも存在している身近な言葉になります。
(『広辞苑』より)

(3)「穽」を使った言葉

ほとんど目にすることがない「穽」ですが、言葉は存在します。
例を挙げると、「陥穽」「落穽下石」という言葉です。

それぞれの意味も併せてみていきましょう。
「陥穽」とは、「獣などを陥れて捕らえる穴」「人を陥れるはかりごと」です。

陥穽は、穽と同じ意味の言葉になります。
「落穽下石」とは、「他人の弱みや窮地を狙って追い討ちをかけること」です。

落とし穴に落ちた人をわざと狙い、石を落とすという意味になります。
いい意味で使われる言葉ではないものの、知識として知っておきましょう。
(『広辞苑』より)

漢字一文字でもあらわすことができる「穽」。
人生において、穽に落ちる、もしくは卑劣にやり方で落とすのだけは避けたいですね。

知っておくとハナタカではあるため、ぜひ周りの人に教えてあげましょう。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「父」でもなく「又」でもない!【乂】記号みたいなこの漢字なんて読む?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事