あなたは「実に」の「じつに」以外の読み方がわかりますか?
漢字自体は非常に簡単な漢字だけに、読めないなんて悔しいですよね。

今回は、「実に」という漢字と読み方について紐解いていきましょう。

(1)ヒント!漢字自体は1文字で読めます!

「みのるに」「みに」など、さまざまな読み方を考えているのではないでしょうか。
では、ここでヒントをお伝えします。

漢字の部分は1文字で読めるのですが、「みに」は正解ではありません。
そうだとすると、どう読むのか……次で正解の読み方を説明しますね。
(『広辞苑』より)

(2)「実に」ってどう読む?

「実に」は「げに」と読むのですが、正解できましたか?
余計に「どんな意味になるのかわからなくなった」という方もいるでしょう。

「じつに」と読んだ場合と同じ意味になるのかな?と、想像だけが膨らんでいきます。
では、「げに」と読んだ場合と「じつに」と読んだ場合について、意味を確認していきましょう。
(『広辞苑』より)

(3)「実に」ってどんな意味?

「げに」には、「まのあたりに・現に」といった意味になります。
枕草子では、「ーその色よりして」という使われ方をしているのです。

さらに、「まことに・いかにもそのように」といった意味もあります。
竹取物語では、「ーただ人にはあらざりけり」といった使われ方をしているのです。
(『広辞苑』より)

(4)「じつに」と読める場合の意味について

では、「実に」を「じつに」と読んだ場合の意味はどうなるのでしょうか。
意味を知っている方も復習してみてくださいね。

「じつに」と読んだときの意味は、「うたがいなく・ほんとうに・まことに・げに」。
「げに」で示した意味の後者と同じ意味になりそうですね。
(『広辞苑』より)

ここまで読んでくれたあなたは、「実に」についてかなり詳しくなりましたね。
「じつに」以外に「げに」と読めることを、しっかり覚えておいてください。

ほとんどの方が「じつに」としか読めないなか、「げに」と読めれば周囲から褒められますよ。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「父」でもなく「又」でもない!【乂】記号みたいなこの漢字なんて読む?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事