あなたもよく使っているであろう「何方道」という言葉、読めますか?
非常に読むのが難しい漢字になっているので、わかりやすいヒントから解説しますね。

この言葉はほとんどの方が知っているはずなので、読んで周囲を驚かせちゃいましょう。

(1)焦っても何方道間に合わないからゆっくり準備

朝寝坊してしまって、どれだけ急いで準備しても電車に間に合わない……。
そういうときに、「焦って準備しても何方道間に合わない!」と思うことはありませんか?

それなら次の電車に間に合うよう、ゆっくり確実に準備して出かけようとしますよね。
この例文ヒントから、「何方道」の読み方がわかったのではないでしょうか。

漢字は難しいですが、あなたはこの言葉をよく使っているはず!

(2)「何方道」の読み方はよく使うアノ言葉

では、さっそく「何方道」の読み方の正解を解説していきます。
「何方道」は「どっちみち」と読むのです。

「どっちみち」という言葉の漢字が存在したことに衝撃を受けますよね。
この知識を周囲の人に披露すれば、ビックリさせられそうです。
(『広辞苑』より)

(3)「何方道」の意味もしっかりマスター

「何方道」について読み方がわかったなら、意味についてもしっかり把握しましょう。
「何方道」は「いずれにしても・結局は・どのみち」という意味になります。

よく使う言葉だけに、意味は正解できた方が多そうですね。
(『広辞苑』より)

(4)「何方」を使った言葉で「何方付かず」

では、「何方付かず」という言葉があるのは知っていますか?
今回「何方」の読み方を知れたので、難なく読めるのではないでしょうか。

さらに、「何方付かず」という言葉も使ったことがある人が大半のはずです。
これは「どっちつかず」と読みます。

「何方付かず」は「いずれとも定まらぬこと・あいまい」という意味。
「何方道」と一緒に覚えておくといいでしょう。
(『広辞苑』より)

よく知っている漢字が3つ組み合わさって、謎の言葉を形成している「何方道」。
言葉自体は知っていても、漢字がわからなければ読みようがありませんよね。

今回学んだ「何方道」「何方付かず」をしっかりマスターしておいてください。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「父」でもなく「又」でもない!【乂】記号みたいなこの漢字なんて読む?

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事