普段はひらがなで表記されているため、漢字になると途端に読めなくなる言葉ってありますよね。

「鼾」という漢字も、そのうちのひとつ。
大人なら読めて当然の漢字ですので、この機会に覚えておきましょう。

(1)「鼾」の読み方

「鼾」という漢字、スムーズに読むことができますか?
「鼻」という漢字が付いているだけあって、人の体に関わることを意味します。

ただし、手や足や心臓など、体を構成しているものではありません。
ヒントは、眠っている間に「かいている」方も多いアレです。

ここまでで、ピンと来た方も多いはず!
「鼾」の読み方の正解は、「いびき」です。

(『広辞苑』より)

(2)「鼾」の意味

「鼾」は揉めごとの種にもなり得るもの。
一緒に寝ている人や家族の鼾がうるさくて、ケンカになったという話を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

では、「鼾」とは実際に、なんなのでしょうか?
「鼾」は睡眠中、呼吸にともなって鼻や口から出る雑音を意味します。

実は、呼吸の障害がされているがゆえの異常な音なので、きちんと睡眠が取れていれば「鼾」をかくことはないでしょう。
(『広辞苑』より)

(3)「鼾」の使用例

「鼾」の読み方や意味がわかったところで、漢字の使用例も見てみましょう。
異なる漢字を付けることで、「鼾」に意味を付け足すことができるのです。

例えば、「空鼾(そらいびき)」は「空寝入りして立てる鼾」、「高鼾(たかいびき)」は「高い鼾声、鼾をかいて安心して寝入ること」を意味します。

また、「鼾睡(かんすい)」は「鼾をかいて眠ること」、「鼾声(かんせい)」は「鼾の声」を意味する言葉です。

いずれにしても、「鼾」という漢字は「いびき」のみを示す漢字のようですね。
(『広辞苑』より)

「鼾」の読み方や意味、使用例について調べてみました。
鼾をかいている人は気持ちよく眠っているように見えても、実際の眠りは浅いのだとか。

無呼吸を引き起こし、酸欠になる恐れもあるため、鼾は改善を試みた方がよさそうですね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「さむいせみ」って何?!【寒蝉】この<生き物の名前>あなたは読める?

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事