感情には、さまざまありますよね。
喜怒哀楽以外にも感情をあらわす漢字があり、「懶惰」もそのひとつです。

ときたま、この気持ちになることもなることもあるでしょう。

(1)「懶惰」の読み方

たまになりたくなる気持ちです。
その気持ちから想像できるものの、なかなかの難読漢字です。

どちらも見たことがある漢字ですが、なんとなくわかりますか?
正解は「らんだ」と読みます。

「だ」は読めても、「らん」の部分が難しかったのではないでしょうか。
ちなみに、「らいだ」という読み方もあります。

「懶」が「らい」と読めるので、そう読まれるようです。
しかし、これは誤読であるため、正しい読み方である「らんだ」を覚えてください。
(『広辞苑』より)

(2)「懶惰」はどのような気持ち?

「懶惰」とは、どのような気持ちなのでしょうか。
「懶惰」は「なまけること。おこたること」という気持ちの漢字です。

ものすごくこの気持ちになりそうなときはないでしょうか。
やる気が起こらず、ついなまけたいと思いますよね……。

懶惰な生活が続ければ、確実に怒りを買うことになるでしょう。
気持ちを切り替え、頭をスッキリさせてくださいね。
(『広辞苑』より)

(3)「懶惰」の使い方

なかなか見聞きしない「懶惰」。
どのように使うのか、例文をまじえてご紹介します。

「懶惰の生活をしすぎて、時間の感覚が失われた」
「全力疾走し続けるのもいいが、体のことを労りたまには懶惰な生活を送ってもいいのでは」

「今日はなんだか懶惰だ」
意味としてはかっこ悪いですが、漢字はかっこよく見えますね。
(『広辞苑』より)

(4)「懶惰」と似た意味をもつ漢字

最後に、似た意味をもつ漢字をご紹介します。
「懶惰」と似たもの同士は、「怠惰」「怠慢」「不精」です。

それぞれの意味もご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてください。
「怠惰」とは、「すべきことをなまけて、だらしないこと」

「怠慢」とは、「なまけおこたること。おろそかにすること。なおざり」
「不精」とは、「精をださないこと。面倒くさがってなまけがちなこと」
(『広辞苑』より)

なまけたい気持ちのことをあらわす「懶惰」。
間違った読み方である「らいだ」とは、読まないようにしてください。

なまけたいなと思ったら、ぜひ「懶惰」を思い出すとやる気がでるかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<ちょいムズ漢字>クイズ!【呶呶】これ言われたら嫌な気分になります…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事