深く考えずに思ったことを伝えて、彼女をイライラさせていませんか?
デリカシーのない発言ばかりしていると、彼女との溝が深まってしまう可能性があります。

女性たちが傷つく発言を事前に把握して、上手に回避していきましょう。

(1)太ったんじゃない?

女性は、体型を指摘されることに敏感な方が多いです。
そのため、たとえ慣れ親しんだ関係でも「太った?」というセリフは、女性をひどく傷つける恐れあり。

たとえ体型が変わったとしても、そのことを痛感しているのは他ならぬ彼女自身です。
わざわざ口にせず、優しく見守ってあげてくださいね。

(2)前はもっと可愛かった

交際期間が長くなると新鮮味が薄れ、どうしてもオシャレをする機会は減るもの。
にも関わらず、昔の自分と比較されて否定的な意見を浴びせられれば、嫌な気持ちになるのは当然です。

表面上では見えなかった彼女の長所に目を向けて、2人の絆を強めましょう。

(3)あの子可愛い

女性は、大好きな人の1番でいたいと考える方が多いです。
そのため、彼女がいる前で他の異性を褒めるような発言をするのは、なるべく控えた方がよいでしょう。

とくに、彼女と他者を比較して彼女をあざわらうかのような発言はトラブルに発展しやすいため、注意が必要ですよ。

(4)女はいいよね

「女性は楽でいいよね」「女性はずるいよね」といった差別意識ともとれる発言も、口に出さない方がよいでしょう。

女性は女性ならではの悩みや不安、苦しみがあるため、軽んじるのは禁物!
こういったデリケートな話題は、基本的に触れない方がよさそうです。

彼女がイラッとする彼氏からの無神経な発言4選を紹介しました。
たとえ悪気はなくても、言われた側は深く傷つく可能性大。

仲が深まっても、相手をうやまう気持ちは忘れずにいたいですね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事