普段、何気なく聞いている言葉にもじつは漢字があったりします。
今回の「愈々」もそのひとつですが、頻繁に耳にしているあの言葉と同じ読み方をします。

あなたは何と読むのかご存じでしょうか。

(1)「愈々」の読み方

「ゆゆ」と読んでしまいそうな「愈々」。
この漢字で、よく聞く言葉をあらわしているというのは想像しにくいでしょう。

漢字では2文字ですが、読み方は4文字であらわされます。
そして、同じ言葉を繰り返して読むあの言葉です。

正解は、「愈々」で「いよいよ」と読みます。
「〜がいよいよ始まります」などの“いよいよ”が「愈々」に。

なかなかの難読漢字であるため、読めた方は漢字博士と呼んでもいいでしょう。
(『広辞苑』より)

(2)「愈々」の意味とは?

詳しい意味は知らなくとも、なんとなくわかっていたという方もいるでしょう。
ここからは、「愈々」の意味について見ていきます。

「愈々」には4つの意味があり、「その上に、よりいっそう。ますます」。
「確かさが増し決定的となったさま。確かに。間違いなく」。

「勢いがそこまできたさま。とうとう。ついに」。
「差し迫った状態になるさま」として使われています。

同じ言葉を重ねた言葉は強める作用もあるようなので、愈々も意味自体が強めの印象になります。

(『広辞苑』より)

(3)「愈々」の語源

「愈々」の「いよ」は「いや(弥)」が転じたのがきっかけです。
「いよ」を重ねたものが、「いよいよ」となりました。

上代では、「いよよ」という形で使われていたようです。
“いよよ”とは「いよいよ(愈々)」の訳で、「いっそう」という意味があります。

(『広辞苑』より)

(4)「愈々」の類語

最後に、「愈々」と似た言葉を少しご紹介します。
「ますます」「いっそう」「なおさら」「弥が上に」という言葉が似ているところです。

その中でもあまり聞き慣れない「弥が上に」の意味を合わせて見ておきましょう。
意味は、「なおその上に。あるがうえにますます」です。

(『広辞苑』より)

よく耳にする、ひらがなであらわす「愈々」という漢字。
書くことも多い言葉なので、ここは漢字で書くのもひとつではないでしょうか。

「これはね……」と読み方を教えることで、あなたの印象も変わってくるかも?!

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事