日常的に見かける機会が少ないために、読むことが難しい漢字はいくつもありますよね。
「翫ぶ」という言葉も、そのうちのひとつ。

そこで今回は、「翫ぶ」の読み方や意味についてご紹介します。

(1)「翫ぶ」の読み方

「翫ぶ」という漢字、正しく読むことはできますか?
読み方はわからなくても、意味を聞けばピンとくる方も多いはず。

とはいえ、あまりいい意味合いで使われる言葉ではありません。
とくに、遊び人や異性に対して不誠実な人が、よくこれをします。

また、「弄ぶ」「玩ぶ」とも表記できる漢字です。
「翫ぶ」は、「もてあそぶ」と読みます。

読み方がわかったところで、意味についてもおさらいしましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「翫ぶ」の意味

「翫ぶ」には、「持ちて遊ぶ」という語源があります。
本来は「手に持って遊ぶ」という意味でした。

転じて、「慰み愛好する」「寵愛する」という意味をもつようになります。
そこから「人を慰み者にする」「なぶる」「思いのまま好き勝手に扱う」という意味をもつようになりました。

現在では、後者の意味合いで使用されることが多いですよね。
(『広辞苑』より)

(3)「翫ぶ」の使い方

「翫ぶ」という言葉は、「人の気持ちを翫ぶ」という意味でよく使われています。
相手に思わせぶりな態度をとったり、相手の恋心を利用することを指す言葉です。

人に対してだけではなく、「政治を翫ぶ」など、物事に対して使用することもあります。
また、「詩歌を翫ぶ」「笛を翫ぶ」など、趣味を嗜むことを表現する言葉としても活用できるでしょう。

「月を翫ぶ」「紅葉を翫ぶ」など、「鑑賞して楽しむ」という意味合いでも使用することができます。
(『広辞苑』より)

今回は「翫ぶ」という漢字の読み方や意味をご紹介しました。
趣味を「翫ぶ」のはいいことですが、人の心を「翫ぶ」と恨みを買ってしまうもの。

誰かを「翫ぶ」ことがないよう、気をつけましょうね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事