日常的に使用しない漢字であれば、いくら日本人でも読めない漢字はあるもの。
「窈窕」という言葉も、そのうちのひとつです。

そこで今回は、「窈窕」の読み方や意味について調べてみましょう。

(1)「窈窕」の読み方

「窈窕」という漢字、正しく読むことはできますか?
読むどころか、目にしたのも初めてという方は多いのではないでしょうか。

「窈窕」は、日常会話で使用する機会がほとんどない言葉です。
形容詞として用いられる言葉で、「窈窕」な人は周囲に憧れられ、人気を集めることが多々あります。

素敵な人を表現するのに、最適な言葉です。
「窈窕」の読み方の正解は、「ようちょう」です。

それぞれ漢字の構成に「幼」「兆」が入っているので、そこから読みとれた方もいるのではないでしょうか?
読み方がわかったところで、意味についても調べてみましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「窈窕」の意味

「窈窕」の読み方がわかっても、意味を知らないという方も多いでしょう。
「窈窕」とは、「美しくたおやかなさま」を意味します。

「窈窕たる美人」というように、女性を形容する意味で用いることがある言葉です。
また、「山水や宮殿などが奥深いさま」という意味ももちます。

いずれにしても、神秘的で美しい人やものを表現するときに使用できる言葉です。
(『広辞苑』より)

(3)「窈窕」の類語

「美しくたおやか」という意味をもつ「窈窕」ですが、似た言葉もいくつか存在します。
日常的に使用する言葉では、「上品」「優雅」「優美」などがあたるでしょう。

また、「しとやかで美しい」という意味の「婉然(えんぜん)」や、「整っていて雅なこと」を意味する「典雅」なども類語といえます。

「美しい」を意味する言葉のバリエーションをいくつかもっておくことで、表現力が豊かになりそうですね。
(『広辞苑』より)

今回は、「窈窕」の読み方や意味をご紹介しました。
美しくたおやかな女性は、多くの人から憧憬や尊敬を寄せられることでしょう。

「窈窕」な女性になれるよう、日頃から心がけてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事