いまや生活には欠かせないコミュニケーションツールのひとつとなっているLINEですが、使い方ひとつで相手からの印象を下げてしまう恐れがあります。

とくに女性は男性からのLINEでときめいたり、はたまた幻滅したりと、LINEでのやりとりが今後の二人の関係を左右することも少なくありません。
今回は男性要注意、女性が「女心わかっていないな」と感じるLINEについて4つご紹介します。

(1)「いまひま?」

つい何気なく使ってしまいがちな「いまひま?」というLINE、これが女性うけ最悪なことを男性の皆さんはご存知ですか。
女性の様子をうかがうだけのつもりが、「暇人扱いされた」「雑な聞き方がちょっと…」と嫌悪感をいだく女性は意外と多いものです。

「いまひま?」ではなく「いま時間ある?」と聞くことで、女性からのマイナスな印象を回避する事ができるでしょう。

(2)「かまって」

女性に甘えるつもりの「かまって」LINEですが、女性としては不特定多数の女性に送っているかのようなマイナスな印象をうけます。
「かまって」ではなく、「聞いてほしい話」があることを伝えるようなLINEにするとよいでしょう。

女性としては、自身にむけたLINEであることがわかることで、相手の男性を意識するきっかけにつながります。

(3)突然の予定変更

LINEが便利なツールだからと気軽に使っている人は、意外と多くいるようです。
そのため気軽に予定を変更したりしてしまうと、女性は男性への印象を悪くします。

便利なツールだからこそ、その便利さに甘んじないことが大切です。

(4)早朝深夜の連絡

早朝深夜のLINEは、女性の捉え方が二極化するため、親しくない女性に対しては控えた方がよいでしょう。
意中の男性からのLINEならばときめき嬉しく思う女性も多いですが、それ以外の男性からのLINEならば「非常識」なものとして捉える女性もいる模様。

便利なツールは使い方ひとつで印象を左右してしまうので、常識を考慮した使い方を心がけましょう。

LINEは意中の女性と関係を進展させたい時にもおすすめなコミュニケーションツールです。
ぜひこれらのポイントを参考に、女心をつかむようなLINEをしてみてください。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事