いいことばかりじゃない年末年始もありえるみたい。
今回は三人の女性が体験してしまった年末年始の最悪だった恋愛をご紹介します。

被害者は私……

年末から付き合った人がいました。
その人には元カノがいて、彼はその彼女と別れたから付き合ってほしいと言われました。

でも実際は縁が切れていなくて、私が元カノの家に呼び出され、なぜか私が彼を奪ったと責められてしまいました。
とても恐ろしい出来事でした。
(35歳/主婦)

嘘?!

彼氏と年越しを一緒に過ごそうと約束をしていたので、仕事納めの日、彼の帰りを待っていました。
ですが、その日は帰りが遅く、心配でLINEも送っていたのですが、既読もつかない状態でした。

最終日だから忙しいのかもしれないと思い、待っているうちに寝落ちしてしまったのですが、朝になっても姿が見えず……
「事故とか事件とかに巻き込まれた?!」と思い、早朝電話をしたのですが、出たのはまさかの彼の奥さんでした。

バツイチでこどもの養育費を払っていると聞いていたのですが、離婚すらしていなかったようでした。
私が騙された被害者だと言って奥様が謝罪してくださったのですが、なんとも言えない年越しを過ごしました。
(26歳、パート)

願いもへったくれもない

初詣に彼氏と行った時のことです。
絵馬に願い事を書こうということになり、2人で絵馬に願い事を書くことに。

その絵馬をかけに行くと、彼氏の名前と私の親友の名前が書かれた絵馬が……
「これどうゆうこと」と問い詰めると二股をかけていた事が発覚!

新年早々、親友も彼氏も失って散々な年明けになりました。
(32歳/専業主婦)

いかがでしたか

まさかめでたいこの時期に彼の不貞が発覚するとは……
でもきっと、神様が「そんな男とは別れなさい」と教えてくれたのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事