身勝手な上司の無茶振りに必死に答える部下たち……
今回は爆発寸前の不満を抱えながら<身勝手上司>の無茶振りに答えているエピソードをご紹介します。

無理

水道関係です。
施設の設計を建設コンサルタントに発注することがあります。

私は発注にあたって仕様書や見積りの査定の元となる資料を作成しています。

その上司は私の部署の課長で、部長に発注のゴーサインをもらった設計案件について、部長が人事異動で替わる前に発注しておけば、自分の手柄になるし、もし次の部長がきてから発注しようとしてダメと言われたら手柄にならないので、無理やり私にとても短い期限で仕事を言いつけました。

おかげで毎日夜遅くまで残業するはめになってしまいました。
(47歳/会社員/男性)

そんな理由?

普段から仕事をしない事で有名な私の上司。
数日後、朝から会議が入っていたある日、会議に向けての資料作りをしなければいけませんでした。

そんな時、上司から呼ばれ、「今度の会議出れなくなったから、会議の進行全部1人で頼むわ。」と。

何故かと聞くと、「ユニクロのプラスJの新商品が出る日でさ、整理券もらわんと入られへんみたいやねん。朝一、整理券もらいに行きたいから。会議も出へんから、資料作りも頼むわ。」と。

内心、「はぁ?そんな事で大事な会議欠席とか何やねん!会議出ないにしても資料作りは手伝えよ。」と思いましたが、上司なのでそんな事は言えず。黙々と一人でこなしました……
(39歳/会社員/女性)

いかがでしたか

身勝手なパターンにもいろいろあるんだなと感心してしまいましたね。
仕事そっちのけで整理券はいくらなんでも注意した方が……

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事