辛い時に助けてくれた夫の優しさ。
普段より有り難さが身に沁みるエピソードをご紹介します。

あなたのおかげです

風邪をひいて寝込んでしまい、洗濯をしたかったのですが全くできませんでした。

夜になって夫の帰宅したことに気付いたのですが、、洗濯や家事などを自ら進んでしてくれて、「そんなに無理したら倒れるから寝ていなよ」言ってくれました。

一日ゆっくり安静にしていたおかげで、翌日はだいぶ良くなりました。
(48歳/会社員)

夫も忙しい時期だったのに…

もともと体調を崩しやすく、迷惑をかけることが多かったのですが、産後の不調(とくにメンタルからくる不眠)は過去最高に凄まじく、嫌な表現ですがもう死ぬしかないのでは…と考えるほどに追い込まれていました。

夫は在宅勤務ではありますが、仕事も忙しい時期だったのに家事のほとんどをやってくれ、私がうまくできなくて落ち込んでいた育児にも積極的に関わってくれました。

疲れた顔をすることはあっても、私自身を責めることは一度もなく、この人とでなければ乗り越えられなかっただろうなと思いました。

(40歳/専業主婦)

寒い中コンビニへ…

妊娠中、つわりがとても酷かった私。
昨日食べられた物が今日は食べられないということの繰り返しで満足に食事がとれていませんでした。

そんな私に夫は、会社からの帰宅前に「今日は何なら食べられそう?」と連絡をくれ、私のリクエストの食材を毎日買ってきてくれました。

また、夜に突然「炭酸飲料が飲みたい」と言った時は寒い中コンビニに走ってくれました。

夫の優しさのおかげで辛いつわり期を乗り越えることができ、感謝しています。
夫と結婚して本当に良かったです。
(32歳/会社員)

いかがでしたか

体調が悪い時だからこそ、夫の優しさが身に染みたエピソードでしたね。
素敵な旦那様の行動にこちらまで温かな気持ちになりませんか。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事