もらったものの「どうしよう……」となってしまったプレゼント。
今回はそんな<これどうしよう>となったプレゼントエピソードをご紹介します。

いやぁ……

ある男性からクリスマスプレゼントにハイブランドの真っ赤な口紅をもらいました。
こちらは好きではない相手。

口紅は正直ひきました。
しかも私は普段口紅を一切しない。

しかも真っ赤だなんて…。
そのうえ、ポストイットに店員さんが「赤」と書いている紙もパッケージに貼ったまま渡してきました。

つまり渡す相手は2人以上いたということですよね。
速攻でメルカリで売りました。
(38歳/日本語教師)

誕生日に…

私の誕生日にたくさんのおもちゃみたいなのをもらいました。

よくスーパーで売っているアンパンマンの風船のおもちゃやチョコの中に小さいフィギュアが入っているチョコエッグなど、当時18歳なのにおもちゃをもらうとは…

使い道に困りましたがいとこにあげました。
(19歳/専業主婦/女性)

他人に選ばれても……

私がプレゼントとしてもらって1番困ったものは、洋服です。
自分の好みの洋服では無かったので、着ることもなかったのでどうしようかと悩んでいました。

なので捨てるのも勿体なかったのでフリマアプリに出してみたらお金に変わってくれたのでまあ良かったです。
(25歳/派遣)

指輪をもらったけど…

彼とお付き合いする中で指輪をもらいました。
が、しかし、デザインがゴツイ!

サイズが大きすぎる!
なんだか古臭い!

もらってすぐに受け取りのお断りをさせていただきました。
なんと、おじい様が長年使用されていた指輪だったようです。
(44歳/会社員/女性)

いかがでしたか

絶対に使うことのないプレゼントの効果的な利用方法がわかるエピソードでした。
おじい様の指輪は返却できてホッとしましたね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事