この「三文字」は切実すぎる!!ペンの試し書きコーナーで見つけた言葉から、書いた人がなんでペンを買いに来たかが察せてしまう・・・

ペンの売場には、試し書きできる箇所がありますよね。
誰かが書いた試し書きが目に入ることは多いと思いますが、中にはなぜペンを購入しようとしたのか、その目的が察することができる言葉が書かれていることもあるようです。

※こちらは、2020年10月25日にFUNDOで公開した記事を再編集したものとなります

どんな気持ちだったのだろう・・・

今回ご紹介するのは、Twitterユーザーの森 真梨乃(@mori_marino)さんがペンの試し書きコーナーで見つけたある言葉を撮影したもの。
こちらが反響を呼んでたツイートです。


 

出典:Twitter

  
ペンで書かれていたのは、なんと「一身上」の三文字。
試し書きをする時は、丸を何度も書いたり、「あいうえお」といった言葉を書いたりすることはありますが、なかなか「一身上」とは書きませんよね・・・。

「一身上」という言葉を書くとなると、投稿された森さんが指摘されている退職願を書く際くらいでしょうか。
この試し書きをされた人は、やはり退職願を書くためのペンを探していたのでしょうか・・・。

もしそうであれば、様々な思いを抱きながらこの文字を試し書きされたのでしょうね・・・。

青ぺンで消した後にストーリーを感じる

よく見ると、「一身上」と書かれた横に「一身上の都合」と書いた上を青ペンでぐしゃぐしゃっと消した跡があります。
これは「一身上の都合」と試し書きをされた人が消したのか、それとも後からこの言葉を見た人が消したのか・・・、なんだかここでどんなドラマがあったのか思いを馳せてしまう試し書きなのでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事