実家に帰ると自分の親には子育てをしっかりしているとアピールする夫。
そこに嘘の報告が紛れていたりすれば、奥様のストレスはかなり溜まってしまうのではないでしょうか。

今回はそんな「嘘イクメン報告」エピソードをご紹介します。

いつもと違う

夫の実家に集まった時のことです。
普段家では子どもが泣いても抱っこもせずテレビばかりに子守をさせているくせに、実家で子どもが泣いた時はすぐに抱っこしてあやしていました。

家では泣き止まないとすぐにママがいいよね〜とか言って私に渡してくるくせに、実家ではパパ嫌〜ってなっていてもいつまでも抱っこし続けていました。
俺イクメンでしょ〜っていう顔をしててめっちゃ腹立ちました。
(32歳/主婦)

嘘報告

夫の実家に里帰りした時の事。
子どものおむつが濡れているのに気付き、替えようとしたら、「俺がやるよ」と夫がやり始めました。

「夜泣きもして、その度に俺が起きて抱っこしてるんだよ。」と自分の両親に語る夫。
「その大変な思いをしてるのは、全部私なんですけど!おむつも替えてくれないし、夜泣きしても、全然起きないよね!?」とカチンときました。

自分の親にイクメンぶるのはやめてほしいです。
(39歳/主婦)

よく言えるね?

義実家に行ったときに、夫が義母に「子どもの宿題ってたくさんあって大変なんだよ。親も見てあげないといけないし。」と言ってるのを聞きました。
私はいつも夕飯の準備をしながら宿題を見ていますが、夫は早く帰ってきても時間のある土日でもずっとスマホを見ているだけで、見たことはほぼありません。

親の前でカッコつけたかったんだろうけど、内心お前は何もしてないだろう!とむかつきました。
(47歳/パート)

いかがでしたか

こんな嘘イクメン報告をされてしまったら、否定する気にもなれないのかもしれませんね。
親は見ていなくても子どもは見ていますから、早めに気づいてもらえるといいのですが……

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事