彼氏でもない男性から突然届いた勘違いLINE。
なんでそうなったか理解できないものから、身の危険を感じるようなものまでいろいろとあるのではないでしょうか。

そこで今回は、男性から送られてきてドン引きした勘違いLINEのエピソードをご紹介します。

エスカレートしていく…

友人から紹介された男性から、毎日のようにラインがきました。
最初は普通にやり取りしていたのですが、いつの間にか彼氏気取りなラインが来るようになりました。

返信しないとスタンプが連続で送られて来たり、他の男といないか写真を送れと要求してきたり、赤ちゃん言葉で甘えるようなラインが来て引いてしまいました。
(36歳/フリーランス/ライター)

怖すぎる

知り合ったばかりの大学の先輩から、夜突然来たLINEです。

先輩「〇〇(共通の知人)から聞いたんだけど、〇〇マンション(私の住んでいるマンション名)に住んでるんだよね?
これからいってもいい?」
とゾッとした体験でした。
(21歳/学生)

下心しかないじゃん

昔合コンで知り合った男性から、毎週飲みに誘われていたのですが、ずっと断っていました。
毎週誘うにも関わらず、全部断っていたからイライラしたのか、「で、いつ家来る?」と家に行くとも言っていないのに、最後はそれだけ送ってきました。

なぜか上半身服を着ておらず、きめ顔の自撮り写真が添えてあり、引いてしまって返しませんでした。
(36歳/フリーランス/ライター)

なんで知ってるの…

昔アルバイトをしていたお店で、一緒に働いていた人の友人から連絡先を知りたいと言われLINEを教えて少しやりとりをしていました。

ある時バイト終わりにお店で上司と話をしていて、いざ帰ろうとLINEを開くと「お疲れ様。まだ?」の文字、私が何時に仕事が終わるかは伝えていなかったのに急に外で待ち伏せされていてゾッとしました。

(25歳/パート)

いかがでしたか

普通にLINEしていただけでこちらの居場所などを把握されているなんて、ストーカーのような恐怖を感じてしまいそうですね…
紹介などで知り合ってすぐの男性とのLINEは気を許しすぎないよう注意したほうがいいかもしれません。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事