時間や場所に捉われることなくメッセージがやりとりできるLINE。
LINEで繋がるのは便利な反面、時には困った状況を生み出してしまうことも…。

そこで今回は「こんなLINEは嫌すぎる…本当にあったエピソード」をご紹介します。

今から…

マッチングアプリで出会った男性とデートをした帰り、今日のお礼をラインで送ろうとした矢先、その男性からラインが届いていました。

その内容は、「にゃんちゃん、遅くなってごめんね。今から帰るね。」といったハートマークがたくさんついたものでした。

間違えて送ったことに気が付いたようでそれ以降のラインは全て既読され、全てブロックされました。
つまりアプリを使って不倫しようとしていたのでした。
(30歳/会社員)

不倫じゃない?

元職場の既婚上司(男性)の素敵なエピソードを聞いていないのに毎日長々とラインしてくる女友達。
「ご飯を食べるときの目がかっこいい」だの「もし俺が会社をつくったらついてきて欲しいって言われた、どうしようー!」だの。

「その上司が好きなの?」と聞くと「そんなことない、それじゃ不倫じゃん!」と爆発。

「私の気持ちがわかっていない」「好きな人に奥さんがいて、もう間に合わないと思った時の気持ちってわかる?あなたはそういう気持ちの私を傷つけたんだよ」と毎日6時間、延々ラインしてきました。

いやバレバレだから。
というより叶わない恋を友達に八つ当たりするなんて…。

そのエネルギーと時間を新しい恋に向けてほしいと思ました。
(48歳/会社員)

子どもいるのに…

学生時代にアルバイトをしていたお店の社員の人からきたLINEです。
たまたま2人だったのでいつもより長めに話す日があり、その何日か後に初めて個人的にLINEがきました。

「お疲れ様です。今度仕事終わりにホテルにいきませんか?抱きしめたり、手を繋いだりするだけでいいから……」という内容でした。

アイコンがその社員さんの子どもの写真だったため、余計に最低だなと思いました。
(25歳/会社員)

いかがでしたか

子どものアイコンなのに女性を誘うなんてどんな神経…?
しつこくされるようなら周りの人に相談するのも検討してみるのがよいでしょう。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「だぁい好きだよ」いつも絶対に“好き”と言わない夫が…<衝撃が走った“浮気発覚LINE”まとめ>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事